スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボート清掃&ちょっと寄り道

2011年12月04日








なかなか最近忙しく、更新が滞っておりました。

やりたい事と、やらなければならない事(遊びですが)は山盛りですが、
なかなかはかどりません! 

 間に合うんやろか? 来年春のトローリング デビュー!?





トローリングRodは相変わらずパーツ不足のため中断中。
 (パーツの発注もまだなので本当に”中断” マズイ!)

 
しかたがないので(?) 進む事から進めます。


最近進めたのは以下の2項目

① ボートの清掃 & 採寸

② 折れたRodの修理


”折れたRodの修理”は完全にトローリングの道から外れた寄り道ですが、、、







【① ボートの清掃 & 採寸】

 今年10月に中古品を譲って頂いたアルミボート。
 
 その後、まだ水に浮かべることもしていないのですが、
 色々と良い方向へ進んでいます。

 
 良い事とは?
 
 「エンジンが手に入りそう!」

 後輩が所有していたヤマハの4馬力エンジン。
 ずっと実家に放置されていたのですが、譲ってもらえることに! 感謝!

 ただ、6年間エンジン掛けずに放置されていたようなので、どうなることやら。。。
 
 オーバーホール必須! でもそれも含めて楽しそう。
 
 年末に実家に戻った際に受け取る予定です。 よろしく! みやっちさん。


 じゃあ、ボートの整備もそろそろ始めなければ! ということで、まずは清掃から始めました。

111204_PIC001.jpg

 譲り受けた時から凹みなどの損傷等は無く状態は良かったのですが、
 やはり表面にくすみや析出物があります。

 今回はこれを徹底的に除去!

 「錆び取りスポンジ」と、「キッチンクレンザー(研磨剤入り)」で磨き上げます!
 雨の降る中、カッパとウエダー装着で一心不乱に磨き上げます!


 111204_PIC002.jpg

 ああっ~ しんど! 腰痛い! 腕もパンパン!

気が付けば真っ暗になるまで磨いていました。


その日は力尽きて終了、、、、



そして、今週。
明るい時間に磨き残し等無いかチェックしてみました。

111204_PIC003.jpg

 満足です。

 
 次は、ひっくり反して内側を確認。

 以前は表面に粉がふいていて座れる状態ではなかったのですが、もう安心です。

111204_PIC004.jpg

 この機会に、ボート形状を採寸。

 デッキを作るかどうかは未定ですが、Rodホルダーやその他艤装の取り付けを検討する際に
役立てようと、キッチリと図面に起こしておこうという訳です。


 なんか、たぎってきたわ~。 楽しみ。







【② 折れたRodの修理】

 けっこう前になりますが、タ○○ベリーで物色していると、
 ジャンクコーナーで良い物発見!

 「テンリュウ PROSET TROUT 7.0ft」の、折れたやつ!

 お値段 : 2000円

 買いやろ! これは!

 チタンガイドだけでももとが獲れます。

 迷わず購入してしまう所が悲しいですが、喜んで購入。


 で、購入してから良く見ると、丁度真ん中の継ぎ(並継ぎ)の部分でバキッと折れている。
 そこで、考えました。
 
 「印篭継ぎにすれば使えるんとちゃうか?」 
 

111204_PIC011.jpg

 実は、この竿と同シーリーズの6.6ftを持っていて、とても気に入って使っています。
 しかし、もうちょっとバットにパワーがほしいと思っていたところでした。

 この折れた竿は7.0ft。ちょっと長い分、バット径も太いのでこれを詰めれば理想に近くなるのでは?
 ということで、張り切って修理着手です。


 111204_PIC006.jpg

 どの断面で継ぐか、 どの径で合わせれば全長を無駄に切らなくて済むか、、、
 
 慎重に検討します。

 111204_PIC007.jpg

 折れた所を境に、前後に数か所切って行き、内径変化を確認。
 
 結局、合計12cm Cut。 なので、6インチ短くなって全長6.6ft。

 目論見どうりです。


 次に、印籠の継ぎ芯となるカーボンの無垢材を削り、内径をスリ合わせます。
 
 111204_PIC008.jpg

 電気ドリルにチャックし、ペーパーを当てて研磨。
 
 何度も当たりを確認しながらの作業。 苦手な分野です。

 緊張しながら作業を行い、最終的には
 面アタリ、80%以上で”しっくり”とはまりました。 
 
 
 ついでに、汚れて黒くなったグリップもドリルにチャックして外周研磨して綺麗にします。

 111204_PIC009.jpg


 フロントグリップも、前期モデルなのか自分の持っている竿の形状と違ったので削って同じ形状にします。
 クビレがあまりなくてカッコ悪かったのですが、うまく形状変更することができました。

 
 継ぎ位置が変わったため、ガイド位置も合わなくなるため、全て外します。
 そして、Topコートも割れていたため、ブランクをドリルにチャックして回転させ、
 耐水ペーパーで研磨しました。

 そして、、、

 111204_PIC010.jpg

 ここまで復活!


 ガイドを乗せるのはトローリングRodのラッピングと同じタイミングで進めようと思います。


 

 
 いや~ 
 
 いっぱいガイド巻かないといけませんね~

 
 トローロングRodは1本で15個ガイドを付ける予定。
 しかも、スピニングと違いダブルフット。。。

 それが2本。

 
 この竿と、トローリングRod の計3本で、おおよそバス用スピニングRod 5本分くらい
 スレッド巻かなければいけません! 


 どうするかな~

 作業を楽にしたいので、この機会にロッドラッパー(ラッピング用の台)を作ろうかな。



 まあ、気長に、、、 でも春に間に合うように進めます。



 以上!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ん?その船外機って・・・
Bora→HD→みやっち→まりも
ラインブレイクたらいまわし??

もしそうなら、ボラ氏の卒業で引き受けたエンジンですが自分は一度もまわしてませんな。
みやっちがずっと持ってたのか?

No title

まっちゃんすげーな。
「DIYネ申」名乗っていいよ(笑)

No title

ども、断捨離できずガラクタ屋です。

>HD氏
Bora→HD→みやっち→まりも  YESたらいまわし! I溜め込み!!

実家の物置にはフットコン×2(謎)大量のバッテリー等々大物釣り道具が皆様のお引取りお待ちしております・・・
年末お待ちしております!

No title

>みやっち
やっぱそうなのか・・・
俺の手元にきたとき一応オーバーホールしたけどねぇ。やっと日の目を見るのか。

フットコン×2は結構笑えるなw

タイから帰ったらバッテリーが一発、汁吹いてご臨終してた。
もう一個欲しいけど、来年琵琶湖にいけるかどうかビミョーです。

No title

こんばんは。

 船外機はBora氏からなんですか!? と、いうことは、Bora氏は更に前の持ち主
 (たぶん、桑名のボート屋さんの息子)からいらないやつを受け取ったんだと思います。
 と、いうことは? 何年エンジン回してないの!? 軽く10年以上ですね。

 まあ、全バラから始めたいと思います。 ドキドキしますね。

 

>青山さん
  いやいや、私の場合はDIYというより、
  「どケチの遠回り」です!
  自己満足の世界をさすらっております、、、
  
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。