スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムニー 足回り 「完」


 なかなか更新ができませんでした。
 
 禁漁を迎え、すっかり「燃え尽き症候群」に、、、

 
 というのは冗談で、先週も休日は家族サービスで大忙し。 平日も仕事でてんやわんや。
 やっと今週落ち着きました。



 


 そこで、ようやくジムニーの修理を再開です。
 
 ウマを噛ましたまま放置していたジムニー。
 部品発注も手違いがあり、なかなか取り掛かれなかったのですが、やっと届きました。


 発注した部品はコチラ。

 111016_PIC001.jpg

必要最低限なのに1万円を超えてしまいました。。。


ホーシング固定用のUボルトも1本折ってしまったので購入。
こちらはネットオークションで「ロングUボルト」を購入。
長いのはエエけど、材質大丈夫かな? なんか、純正が黒染めのハイテンボルトっぽいのに、
こちらはユニクロメッキ。 強度区分低そう、、、 まあ、様子を見ます。



今回の修理は、「フロントナックルのオーバーホール」
ハブBrg.もしっかりグリスアップ予定。(でも、予算の都合上、新品Brg.は見送り)

交換、復元は簡単。
一番の難関は、、、

111016_PIC002.jpg

泥、砂、グリス、鉄粉、錆、ペンキ(浮いたシャシブラック)



憂鬱な作業。
しかし、こちらの構えもバッチリです ↓↓↓

111016_PIC003.jpg


頑固な汚れと格闘すること1時間半! 

分解後のハブを組み付け、ハブ周りは洗浄完了!

111016_PIC007.jpg



次はホーシング側の洗浄・錆取り!

111016_PIC004.jpg

なんか、分厚い錆の層が生成されとる、、、

よし!

111016_PIC005.jpg

磨き上げたる!

気合を入れて臨みましたが、、、

111016_PIC006.jpg

なんか、前の状態の方がシール、パッキンには優しかったかも。 失敗。


まあ、そういうところは見なかったことにして(?)
新品部品の組み付けに入ります。

111016_PIC008.jpg

Brg.も打ち替え。 外輪外すのも、入れるのも非常に大変でした。
本当はバーナーで少し加熱すんのかな?


この状態でナックル組み付け。
溢れ出るグリスと格闘しながら、キングPINを入れ、
シール・フェルトパッキンを取り付けます。

フェルトパッキンにはたっぷりとラバーシールを塗り込み、耐久性Upを狙います。


そして遂に作業完了。
これでも、すごくキレイになったんですよ! 

111016_PIC009.jpg


これでやっとタイヤを取り付け、ウマを外すことができます。

タイヤを付け、ジャッキを下げます。

「車高はどんな感じや??」

エエ感じ。


しかし!

111016_PIC010.jpg


機能上・安全上も全く問題は無いやろけど、これじゃ車検も通らんな。。。

まあ、そのうち、、、なんとかします。














ゴムのシール剤が固まるまでは動かしたく無い。
結局、今日が初試走となりました。


乗った感想は、、、


「硬いというより、シッカリした!」

ボートを乗せてロールせず、シッカリ。
とても好印象でした。

111016_PIC011.jpg


車高も良い感じでは!?


これだけ車高があれば、
ラフロードを走った時に、バンプラバーまで底付きしないので快適です。

「ガツンッ!」 

というあの底付きは、別に壊れる現象では無いのに、
「やってもうた~ 」
という感じがしてとてもイヤなので。





と、いうことで、本日無事に足周りの修理が完了しました!




もう、完全に「自虐ネタ」と化した我がジムニーの修理ネタですが、
そのネタ、まだまだあります。。。




ちょっと前もって案内しときますか、、、
完全なる自虐ネタを、、、


次は内装かな、

111016_PIC012.jpg

地味に痛いこのトラブル。 運転席、助手席共に急激に拡大中。



これも内装か、

111016_PIC014.jpg

天井に残ったスポンジの残骸。触れると黄色い粉が降り落ちて来ます。




そして、目をつぶりたいのが、、、

111016_PIC013.jpg

車内の風通し、水通し抜群!





どうする? コレ!

まあ、連続すると重たーいので、チョイチョイ直していきます。


まだまだ続く。




以上!








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。
オフシーズンは、やっぱり車いじりですね!
私は今月いっぱいは、おじか・きぬ漁協管轄で、ニジマスを楽しもうと思います。(ニジマスのみOKです。)
場所さえはまれば、年越しか天然繁殖かわかりませんが、完全なるヒレピンレインボーが釣れます。
先週は、38cmでましたが、今週は夏以来の50up狙いで出撃してきます。

天井は定番のプラダンですかね??

スタビに下駄かませても、車検は通るみたいですよ!
(会社の仲間が去年、同じく木を挟んで通しました。流石に黒く塗装したそうですが)

みんなやってるスタビレスは駄目みたいですね。。。
私も12月はじめに車検なので、書類作って公認とらないとならないので、
どうせだからスタビレスで書類審査通るか試してみます!

No title

>TAKAさん

 まだ果敢に釣りされているのですね! おじか漁協のデカニジマスは、ネイティブ化したもの
も混じって楽しいらしいですね。 ご健闘願っております。

 スタビレスでの車検ですか! TAKAさんのようにロッククロールされる方は有効手段ですが、 一般道走行は怖くないですか? 以前、足回りを色々イジッた際に「ハンドルシミー現象」に陥り、難儀した事があります。 80km/h位で走行した状態で、片輪がマンホールなど
のギャップをひろうと、、、「カタッ、、 カタ、カタ  、、、 カタカタカタカタカタガタガタガタガタ!!!
 キャスター角補正のウェッジプレートを入れて解決しましたが、ガタある足周りの危険性を
認識しました。(冷汗)

 スタビの中央で「ロック⇔フリー」できる、APIO(?)の「悟空」とかいうやついかがですか?
 あっ! またお金が掛かってしまいますが、、、 奥様との要調整ですね(笑)

ご無沙汰してます。

ボラ君のクエ捕獲の報を聞き、関係のリンク辿ってやってきました。
ラインブレイクOBのH口です。

ええパパやってるみたいやね。
しかし、自力で増しリーフしてしまうとは相変わらずの工作力。

当方、ただいま南国タイのアパートで監禁プレイ中です。
来週はジャイアントスネークヘッド狙いに行って来ます。

あと、自分のブログにもリンク張らしてもらいましたんで、よろしゅう。
http://deepholehokusei.blog.fc2.com/

No title

ロックは流石にやらないです(汗)あれは車が壊れまくる&危なすぎるので。。。

基本的なコンセプトは、廃道遊びが出来て、釣行時の長距離も疲れず少しでも快適に??仕様です(笑)
そして、釣り場への悪路では、一般車両の他の追従を許さない!!というコンセプトで製作しています(爆)

なので、ATファイナル+6.3Loギアダウンとか、本気な人がみたら、
折角ギアダウン入れるのに何をしたいんだろう?的な仕様なのです。。。

尚、釣り仕様としてのお勧めアイテムは、ヤフオク中国製キーレス(3千円くらい)ですね!
場所移動のたびに、テールゲートと運転席と行き来するイライラから解消されます(笑)

それはさておき、本題のスタビレスについてですが・・・
ジムニーを買ってすぐ、ノーマル増し+曲げリーフのままスタビレスにしたら最低でした(右)
メリットは、
①フロントのストロークが大きくとれ、モーグルの接地性がよくなる。
②突き上げが軽減され乗り心地がよくなる(鬼怒川本流河川敷の玉石走行とかが最も効果あり?)
という程度に対し、90%以上の使い勝手である、通勤&舗装路での多大なデメリットがついてくるので、
懸念される通り、「良いことすくない」というのが第一印象でした。。。

その多大なデメリットとは・・・
①コーナークリップ付近で舵角が軽くこぶし一個分増える
②ステアリングに対するダルさが激増→あらかじめ姿勢をつくってコーナー進入という
 面倒くさいことを一般道、通勤レベルでも要求される
③いちいちつまらないこと(横風、路面のうねり)で、これでもかってくらいフラフラする
④速度と段差によっては、シミーでステアリングブルブル

高速80km以上での巡航は、両手&気を張った運転が必要で疲れてしまい、
コンセプトの「快適に長距離を」はとてもとても無理でした。
思えばこれが、ジムニーいじりの始まりだったかもしれません。

で、スタビレスで、上記事象に対する要素としてはズバリ、リーフの寄与度が最も高いと思います。
(リーフリジットなので、リーフ剛性に左右されるといえば当然ですが)

私含め、職場に4台JA11がいますが、全員スタビレス仕様です。
すべて乗り比べた感じ、スタビレス前提で開発・設計のもについては、高速走行も全く問題ないです。
ノーマルに対するデメリットは、コスト・公認車検・ウエット峠道のテールハッピー程度でしょうか?

私のキタガワリーフや、仲間のタニグチの無双懸架のスタビレス仕様は、高速安定性も非常に良いです。
手前味噌ですが、私のキタガワリーフは、ノーマルリーフ・ノーマルスタビ付以上に楽チンです。
(機構上、信じられないかもしれませんが、誇張表現なしで本当に。目から鱗でした。。。)
さらにATファイナルへ変えてるということもあり、4000rpm 100km巡航(GPSナビ実測速度)で
ハンドルへ片手を添えるだけで、くわえタバコでラクラク巡航可能です。
流石に、追い越し等で120kmとかのときは、両手でハンドル持ちたくなりますが。。。

しかし、逆に1台のAPIO製 柔リーフは、APIO製だけに悟空(スタビON)前提なのか、スタビレス仕様では、
私は怖くて怖くて乗れませんでした(吐血) 高速道路どころか、一般道バイパスでも恐いのなんの。。。
柔リーフは安いのがメリットですが、悟空買ったら価格のメリットないのと、すぐヘタルので身内の評判は・・・です。

尚、違いをよーくみると、リーフ枚数は・・・
・APIO柔=FR3枚
・無双懸架=F5枚、R5枚
・キタガワベルリン=F5枚、R6枚
一枚一枚のばねレート等、枚数だけでは語れませんが、幅が50mmと規制されるのである程度相関関係ありかと??
で、まりもさんのは、リーフが5枚なので、意外とスタビ外しても平気かも?と思っています。
(リーフスパンからくる、シャックルの角度も乗り味に大きく効くらしいので、確信はもてませんが・・・)

ちなみに、お勧めのパーツは、悟空よりもダウンピットマンアームです。
まりもさんのも、車高が上がってるので、リレーロッドが引っ張られ、バンプステアでステアが振れることが
多いと思いますが、このバンプステアで路面の継ぎ目・マンホール等の路面ギャップでふら付いたり、
シミーのトリガーになったりしているように思います。

なので↓のダウンピットマンアームような、リレーロッド位置を補正するパーツをつけると、激変します。
http://www4.tokai.or.jp/jimny_kitagawa/partsus.html

悟空3.5万円より値段も安いし(送料込み2200円くらいでした。)相当お勧めです!
強度計算書・材料証明・メーカー図面が添付されており、内容を確認すると、とてもしっかりとしたものでした。
(公認とらなくても、鋳物でしっかりカチオンまでかかってるので、わかる検査官は居ないと思いますが)


ちなみに、ピットマンアーム、興味あるようでしたら、私のジムニー試乗いかがですか??
私の職場、うるさくないのでジムニーで通勤してるので、会社帰りに落ち合えると思いますのでお気軽に!

お久しぶりです

>sekaino HDさん

お久しぶりです。
タイに駐在(長期出張?)されているとは聞いていましたが、海外ライフはいかがですか?
Brog拝見しました。 引き籠りの扉を今、正に開けようとしているところですね?(笑)

 タイの怪魚、挑戦してみてください! 美しすぎる雷魚”ジャウー”、
世界最大の淡水エイ”プラークラベーン”とか、、、 (本で読んだだけの知識ですが)

 ジャイアントスネークヘッドとは!? Brog更新楽しみにしております!

Jim足

>TAKAさん

 おおっ~ 色々と熱い情報ありがとうございます。
 足回り改造後、今の状態ではシミーは発生しておらず良好です。
 
 リーフ剛性があればスタビレスでも安定するんですね。
 タニグチのリーフを装着されているとは。うらやましい、、、
 作りがしっかりしているのが見ただけで判りますもんね。

 某 テーパーリーフ○○○ちゃんは、ノーマルリーフの反りを強くした物と同等性能と
いう感じなんですかね。確かに3枚だとヘタリそうだし、剛性も低そうです。

 ダウンピットマンアームか、、、 確かに理屈で言えば車高Upしたら位置補正するべき
 ですよね。 ステアロッド周りを確認してみて無理していないか確認してみます。

 色々情報頂きありがとうございました!


 
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。