FC2ブログ

ジムニー まずは足回り

2011年10月02日






会社の休みが重なり4連休。

そのうち1日は長男君の運動会。


さあ、残りの3日はどう使うか?



さあ! ラスト渓流で秋の遡上魚狙いか!? (新潟県)



と、意気込んでいましたが、先日ジムニーの足回りに明らかな異変が、、、











なんか、前輪から音がする。

酷い音鳴りのしていた左ハブは先週ベアリング交換したばかり。

「次は、、、 右か?


疑いながらも普通に走れるので、そのまま暫らく走っていましたが、左コーナーで
右前輪に荷重を掛けると、旋回途中で急にタイヤが切れ込む!

ヤバイ! これは、危険。


そんなこともあり、ジムニーは乗らないようにしていました。

よって、この休日は家でのんびり車修理をする事に決定。




さて、直さなければいけない所は山とありますが、
まずは足回りをビシッと直そう!


足回りの不具合事象は2点。



【その① : ヘタリ過ぎたリーフスプリング (後ろに傾き、且つ 右に傾く)

111002_PIC001.jpg

傾き度合を示す良い写真が無かったのですが、右側に相当傾いています。
人が乗らなくてもすでに傾いており、さらに運転席に私が乗ることにより相当傾きます。
(ジムニーの持病らしいですが)



【その② : 右前輪のハブがヤバイ!(キャンバー調整機能無いのにキャンバーついてる。。。)

111002_PIC002.jpg

まあ、何処がどうなっているか、想像はつきますが、、、











と、いうわけで上記2点の修理に取り掛かりました。



まずはリーフスプリングから、

現状ついているのは「純正リーフサスを、反りを強めて車高Upしたもの」

怪しい! しかし、数年前に車検を通すのに純正サスが必要となり、この怪しリーフサスを先輩から譲ってもらいました。

”バネ鋼を塑性変形させる” 危険です。 ちなみに、車高が上がっていたのは一瞬で、直ぐにヘタリました。

つまり、塑性変形が2度加わったバネ鋼。(最初のヘタリを入れると3度目?)



このリーフのどこが気に食わないかというと、PIVOT付け根がリーフ1枚になっていること。

もし、バキッとリーフが割れたら車はどうなるのか?
想像しただけでもゾッとします。

せめて、最弱部でも2枚であってほしい。(主板が1枚割れても、急にはホーシングが落ちないようにしたい。)

且つ、 車検対応!



”車検対応”は重要。 車検は来年6月。
鬼怒川のベストシーズンに構造変更の手続きや、リーフスプリングを組み替えている時間はありません。

それを考慮すると、社外品では無く、「純正サスに増しリーフ」
がBestという結論に至りました。
(純正リーフを1枚も抜かずに足し合わせる場合は、”補強”とみなされて車検OK)



その「増しリーフ」、材料はコチラ ↓↓↓

111002_PIC003.jpg

以前、先輩に譲って頂いた社外品のリーフサス。

性能はピカイチだったのですが、リアのリーフが割れてしまいました。
(でも、このリーフは最弱部でも2枚以上なので、自走で帰宅できた。)


アパート、自宅の隅っこで3年間ほど雨ざらしで、土に還してしまうところでしたが、これを使いましょう。



まずは分解。

111002_PIC006.jpg


そして、純正リーフも分解して、組み合わせようとしたところ、ナックル部が入らない、、、
ここを2重にすることにこだわっていたので、力ずくで頑張ります。

111002_PIC004.jpg

さすがバネ鋼。固い! しかし、グレーチングに噛ませて思いっきりテンション掛けながら熱を加えると、
少しだけ開き、無事に組み合わせることができました。
まあ、無理やりですが、普段は全く力の掛からない所なのでOKとします!

できたRRリーフがコチラ ↓↓↓

111002_PIC005.jpg

強いで~ これは。

増しリーフは1枚にしようか迷ったのですが、「変化を求める時は大胆に!」
という私の持論(?)から、追加2枚となりました。


その結果、、、

111002_PIC007.jpg

おおぅ! バカみたいだ。 上げすぎです。

しかし、この写真は自作ロングシャックルを入れた状態なので、純正に戻せば-30㎜で良い感じになりそうです。



次はFRリーフ。

こちらも組み替えに苦労しました、、、 曲げ、広げ、はめ込み、、、 
そこまではなんとかなったのですが、センターのボルト穴の加工が必要となったため、
ドリルでバネ板に穴を空けようとしたのですが、さすがバネ鋼、硬い!


結局、チョッと穴空けてはドリルの刃をグラインダーで立て直し、チョッと空けては交換し、、、
5本のドリルを交換・刃立てのローテーションを繰り返し、2個穴空けるのに1時間以上を費やしました。
111002_PIC0013.jpg


ようやく完成いたFRリーフがこちら。

111002_PIC008.jpg

これまた、強いデ。




取り付け完了し、早く車高を確認したいところですが、
ここで、次の不具合項目の対応に移ります。

右側フロントハブ。

もう、どこがどうなったかは判ります。
キングPIN Brg.が砕けているに違いない!

ブレーキキャリパー、タイロッドを取り外し、ナックルシール部を分解します。

ナックル部のスクレーパーなどは、もうボロボロ。 原型を留めていません!

そしていよいよ、キングPINを抜いて、、、 ナックルを離脱!

111002_PIC0010.jpg

想像してたけど、想像以上!


どうなってるの?
Upper側のBrg.が無い!?

リテーナーが切れて、円錐コロ軸受はバラバラになってしまった様子。
あるとしたら、ハブのジョイント周り(のグリス溜り、、、)

111002_PIC0011.jpg



もう、ここからは写真を撮る余裕はありません!

グリス グッチャ グチャ!


「キッチンペーパーちょうだい!」

嫁様にお願いしたら、とても怖い顔をしておりました。。。



本格的な洗浄は灯油を買ってこないとダメやな~
砂とグリスが混じって酷い状態。

結局、グリスをキッチンぺーパーで掬い取って、その中からBrg.の破片を探しました。

なんとか、ありました。 ちゃんと、コロも12個。

111002_PIC0012.jpg

よく、このコロがハブ側のジョイントに噛み込まなかったと思います。












結局、本日の作業はここで終了。

その後、スズキのディーラーに行って、交換部品を発注しました。

1万円位行きそうです


次の休みには復活できるかな?




私のジムニーはとにかくオンボロ。
修理・修復はまだまだ続きそうです。






以上!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。
リーフって泥・錆び放置すると、転舵・ストローク時にキシキシうるさくなるわ、
さびを放置しつづけると、腐食ピット起点で折損するわって、コイルに対しての弱点ありますよね(涙)
と、わかっていても、私含め、家庭とか他の趣味で、時間がなく放置プレーなんですよね(汗)

先輩に教わった生活の知恵ですが、リーフ同士の摺動面にブレーキの鳴き止め塗ると、
山遊びのあと、高圧洗浄しても落っこちず長持ちし、ストローク時・転舵時のスティックスリップ音は
かれこれ半年以上、ノーメンテで平気です。
(錆び耐性は、次回ばらしたとき検証しますが、0G時のリーフ隙間のさびを見る限りは効果ありそう!?)

そして自作シャックル。私も6tのSS400板を切り出して、ブーメランシャックル作りました。
皆さん同じことをやってるんですね~。ちょっと拘って材料揃えても、既製品買うより遥かに安いですし!
(しかし最近、ヤフオクでS45C生材のシャックルピン見たので、SCM材で焼きいれしたのは拘り過ぎ?と思ったり)

最近は、JA11 AT用のデフファイナルを安く仕入れたので、高速巡航性と燃費向上のため投入したのですが、
街乗りは1速も使え、高速も4000rpm弱で100kmと楽になったものの、山遊びの4Lもギア比があがり
クラッチを焼いてしまい、結局トランスファーのローギアを弄る破目に。。。
(流石にギアは作れず、社外ギアダウンで痛い出費)
ただ、HIギア街乗りの燃費は、遠出すると効果覿面2割UPなので、来年の釣行で元をとろうと自己弁護しています・・・

釣り車なのに、気になると試してしまう馬鹿な私でした(--;)

No title

>TAKAさん

 もう、リーフがキシキシ鳴ろうがOK・OK !? のつもりだったのですが、
丁度ブレーキの鳴り止めがあったので、塗布してみます。
お役立ち情報、ありがとうございます。

 AT用ファイナルですか。燃費2割Upは魅力的ですね。
私の場合、泥遊びは特にせす、釣り場への工程97%が舗装路で、
残り3%のためにどうしてもジムニーが必要という使い方なので、
燃費向上は魅力的です。
でも、まずは多々修理するとこがあるのでそちらを優先したいと思います。
(あと何年持つか判らないので、延命処置は許されても”投資”はできない、、、)
(でも、燃費で回収できる!?)

 次はBodyの穴・亀裂という問題と対峙しなければいけません、、、
 どうしましょうかね~ と憂鬱な気分です。



 

No title

ジムニーを手放し、寂しい気持ちを覚えながらもいつ大故障を起こすか分からない恐怖にも開放されました(笑)
メカいじりが結局得意になれなかった自分は手放して正解でした・・・
なんでも自分で出来る(取り組む)まりも先輩を見るといつも関心、パワーもらいますわ!
ジムニーは根魚だ!
20年!20万キロ目指して、まだイケル精神で頑張ってください!

No title

>みやっち

「壊れる車は人を育てる」

陸封ボラ氏の名言やけど、 同時に、、、

「壊れる車は人を疲弊させる」

これもまた真なり。。。


ボロ車、ボロバイクに挟まれストレスを常に受けてます!

自分で取り組む姿勢??  イヤイヤ、 お金が無いからです!

お金があったら ベンツ:ゲレンデワーゲン買って泥道走りますワ。
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR