スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原付また故障!

2011年1月9日






明けまして、、、 って、もう遅いですね。


今年一発目のネタとしては非常に残念なのですが、また原付が壊れました。

まだ直っておらず、原因が判ったところで終了ですが、久々に故障原因の推測を
ことごとく外し、右往左往したのでその様子をご紹介。。。





故障したのは昨年の年末、
壊れ方はというと、、、


寒い夜、会社からの帰り道(20km)。
アクセル全開、75km/hほどで巡航。

家まであと3kmくらいの地点からだんだん最高速が落ち、60km/hが限界。

家まであと1km、50km/hが限界。

家まであと300m、遂に20km/h以下に!

そして家の手前10mで ”プスン!” その後、エンジン掛からず。。。


特にエンジンから異音は出ていなかったので、「焼き付きでは無いな」
と、楽観的に考えていました。



【確認①】

「このパターンは、燃料がだんだん細っていって、プスン!ではないかい?
 燃料フィルターの詰まり、もしくはキャブ掃除くらいで復活やな。」

で、早速 燃料がキャブまで来ているかチェック。

キャブにつながる燃料ホースを抜いて、それにストローを刺してチョット口で吸ってみる。。。


ウエェー ちょと口にガソリン入ってしもた!

結果 : 燃料フィルターでは無い




次! 

キャブで詰まっているのか??


キャブを外してみる。

110119_PIC003.jpg



キャブを外して横に倒すと、中からガソリンがドバドバ出てくる。
フロート室までちゃんと燃料は届いている。


こうなりゃ全バラ。

110119_PIC005.jpg



メインジェット/スロージェット共に詰まり無し。


今思うと、このタイミングで別にやらなくても良かった気がしますが、
メインジェットの穴径を変更してみました。


以前、プラグ焼け気味だったので、番手不明のメインジェットを付けていました。
それがどうやら120番と非常に大きく(ノーマルは82番)、プラグは湿り過ぎ。

よって、100番くらいに変更。というか、φ1.0のドリルでノーマルジェットの穴拡大。


110119_PIC004.jpg


まあ、余計な事もしましたが、


結果 : キャブが原因でもなさそう。


110119_PIC006.jpg



キレイにはなりました。




【確認②】

「じゃあ、火だ! プラグの火が飛んでないのか? でも、だんだん速度が落ちるような
 壊れ方するか? でもCDIが壊れる時はそんな感じって聞いたことあるし、、、」

ということで、点火系。


プラグを抜く! 火を出してみる! 

お約束の感電!

「イタッ! 火は飛んでるなー。 でも普通もっと感電したら痛いしなー やっぱりCDIが弱ってる?」



と、いうことでプラグとCDIを交換することに!



110119_PIC001.jpg


左が付いてた物。酷いもんです。ドロッとしたススが付着。燃料濃すぎ。
電極もなんか丸く変形しています。

右は新品。奮発して”イリジウム”
こんな高価なプラグ、使うの初めてです。



次はCDI、


110119_PIC002.jpg


左がノーマル。 なんかべトッとした粉吹いています。なにこれ?

右が装着したCDI。最近、会社上司から頂いた物。アリガタヤ!




プラグ/CDI交換後、火が出ることを確認。

バチバチ! 

おおー 火が強くなってる! 


これで直ったやろ! キック連発!!


あれ? エンジン掛かりません。



結果 : 点火系でもありません。







【確認③】


「エンジンの基本は、点火/気化/圧縮 じゃあ、残るは圧縮?
 でもキック踏んだ感じは圧縮あるみたいやけどなー 
 頂点の乗っ越し感あるし。。。」

故障した時、”焼き付きでは無い””圧縮はある”と判断していたので、
まさかここまで長引くとは、、、


キックを踏んだ感じでは”圧縮あり”の感じしか伝わってこないため、
エアクリを外してキャブ入り口に手を当てた状態でキックを踏んでみる。

判る人には判るかな? この変な体勢。 体が攣りそうです。


パコ パコ パコ パコッ、、、 (キャブから聞こえる音)


あれ? なんか吸い込み弱い?? 



試しに、キャブにビニール袋を付けてみる。

110119_PIC007.jpg



吸い込むならビニール風船が小さくなるはず!

パコ パコ パコ パコッ、、、 



あれ??  風船変化無し! 吸ってないやん!



”吸って無い”=”出ていない” ⇒ マフラー詰まってる?



で、マフラー外して、これまたホースを付けて吹いてみる。


フー、フー、、、


あれ? スカスカ。詰まっていない!




と、いうことは、ええぇ! リードバルブ? 


ちょっと待て! リードバルブが割れてスカスカは考えられるが、詰まるってあるの?


まだこの段階になってもピストンは異常無しと思っていました。
キックを踏んだ時の感触が正常っぽいから。。。



リードバルブは良く良く考えると、ありえないので、、、 やっぱり、、、 シリンダ、、、



恐々、排気ポートから中を覗きます。 明かりで照らして、、、





ああぁー!!!


110119_PIC008.jpg


なんか、ピストンリングが、、、グチャッとなってる、、、




結果 : ピストンリングが棚落ちしていました。
     一番最初の判断で、”大丈夫”と判断した所が原因でした。
     ド素人なので、、、 でもこれだけ間違えると恥ずかしい、、、

  






で、ここからは破損状況の確認。

破損はピストンだけ? ボアまで傷いってる?


110119_PIC009.jpg


フロアを外し、ヘッドを抜きます。


110119_PIC011.jpg


出ました! 見事に棚落ちしています。

幸い、ボアは使えそう。大きな傷は入っていません。


110119_PIC010.jpg


あれ? ピストンリングは2枚入っていたはず。

でも出てきたのは0.6枚くらい。 



どこにいった? 粉々に砕けて排気ポートから出たのか?
でも、マフラーひっくり返しても欠片は出ません。


吸気ポートから出て、クランク室の底にあるんでしょう。おそらく。

まあ、影響無いでしょう。逆さまになって走らない限り。








と、いうことで、しばらく原付は我が家で休職。
方向性が決まるまで、不動のまま保管です。

110119_PIC012.jpg


相方を失ったコンロッド。 心なしか寂しそうです。





という訳で、嫁様には、

「バイク修理? 2時間もあれば直るよ。」

なんて言っていたのが、パーツ買出し含め午前11時~午後4時
計5時間の作業となってしまいました。。。 






この原付のこれからの行く末は、、、

選択① : 某オークションのボアアップキットを取り付けて直す。

選択② : 燃費の悪い2STに見切りを付け、廃車。4STの100ccを購入


2.5日に1回ガソリンを入れなければいけないこのバイク。(通勤往復40km)

選択②が賢い選択なのは判っています。

が、私は賢くないので選択①を選ぶんやろなー。


まあ、しばらく考えてみます。




以上!














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: CDIについて

> 上司の方からもらったCDIは加工しなくても取り付けが可能なのでしょうか?
>
> 当方の風は火花が飛ばなくなり、プラグのの点検、イグニッションコイルの点検を行いましたが正常で原因がCDIだと考えている次第です。

こんにちは。
当ブログの管理人です。
 ご質問頂いたのにお返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

 大分と前の記事だったので記憶を呼び起こしたのですが、上司からもらったCDIは
私が所有していたDioSR用だったので無改造で取り付けることができました。
 
 純正CDIのハーネスを抜いて、差し替えるだけです。
 


プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。