2016 Ice Fishing (準備編①)

 2016年12月01日

 
  あっという間に12月になってしまいました。。。

  今年は平年よりも11月の気温が暖かく、ちゃんと湖が氷結するのか心配ですが、
 年明けのIce Fishingシーズンにドタバタしなくて済むよう、暇を見つけて準備を進める
 ことにしました。


 
 まず、初めに2人用テントの修理から。

 Ice Fishing用のポップアップテントは、

 ・HT Inter Sherk     : 2人用
 ・Rapala Fat Shark 4  : 4人用

 の2種類を持っています。
 どちらも、カナダ釣り生活の先輩方に超・格安で譲っていただいた物です。


 今回修理するのはコチラ↓↓↓

 161201_PIC000.jpg

 2人用のテントです。

 昨シーズンに、強風の中テントをたたもうと急いでいたら、グラスファイバーのポールを1本折ってしまいました。

 また、ポールを束ねるアルミ製関節金具も爪が折れてしまいました。

 
  この2人用テントは、小型で軽量コンパクト。
  どうしても修理したいと思い、修理方法を考えていたのでした。


  まずは、関節。

 161201_PIC002.jpg

 アルミ鋳物でできた金具の爪が折れたのですが、グラインダーでキレイに削除後、
 ドリルで穴を開け、 そこにステンレス製ボルトを切って作った金具をエポキシで固定しました。

 ちょっと写真無いのですが、我ながら上手にできました。
 寸法ピッタリ。 強度も問題無いでしょう。



  
 そして、次は折れたポール。

 替えのポールが釣具屋かアウトドア屋で売っていないか散々探したのですが、
 見つからず。 唯一見つけたのがネット販売のサイトだったのですが、
 ポール4本セットで50ドルとバカ高く、 さらにアメリカからの購入になるので、
 為替と送料でとんでもない金額になりそうで断念しました。


 ネット検索して同じ悩みを抱える同士がいないかを調べた結果、とあるサイトで

 「Chimney cleaning rod がBESTだぜ!」
 
 みたいな書き込みを発見。 

 煙突掃除棒?? 

 しかし、 ホームセンタ-でも工具屋さんでもウォルマートでもそんな煙突掃除棒など売っておらず、
 困り果てていました。


 日本だったら「農業のミドリ」 みたいな農機具家さんで温ハウスか何かの部品で売ってそうなのに、、、
 と、諦めかけていた頃、 いつもは行かないホームセンターでついに、発見!


 ”煙突掃除棒”

 ではありませんが、 冬の積雪の中で、境界線や、雪に埋もれた縁石などを知らせるための派手な
 蛍光ポール!

 一度、その前を通り過ぎて、3歩ほどして、、、

 「!?」

 「あったぁぁぁ~!!」

 大喜び。

 若干、直径が細いですが、問題のないレベル。

 3ドル以下で安い!!


 161201_PIC003.jpg


 
 こうして、無事に問題を抱えていたポールは全て修理完了!


 そして、、、、

 161201_PIC004.jpg

 バッチリ修理完了。

 
 まだまだ湖凍るのは先ですが、今から楽しみです。

 今年は、荷物運搬のソリももっと機能的に改造したいし、やりたいことが一杯あります。


 ソリの改造は子供にとって丁度良い工作だから一緒にできればと考えています。



 以上!




 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR