FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年 後半振り返り(9月)

2016年01月03日





   明けましておめでとうございます。
  
   今年もよろしくお願いいたします。


 



 昨年は全くタイムリーにアップできず、全くダラダラしておりましたが、まあ、、今年もこんな感じでしょう(!?)
  タイムリーでなくとも、自分の忘備録として細く・長く 続けたいと思います。


  今年も仕事も家庭も大忙しの一年ですが、忙しい時ほど釣りに行かなえれば調子が出ないので
両立目指してがんばります。



 ・

 ・

 ・



 さて、”2015年9月の振り返り” です。
  細く・長く、、、、、






 【2015年9月中旬】


 今年はエルニーニョの影響なのか、9月になっても比較的温かい日が続きました。
 紅葉なんてまだまだ気配無し。

 ちょうど9月中頃に土・日と連休が取れたので「スキあり!」
 とキャンプに行きました。

 ”諦めずに欲張る”

 2015年の書き初めです。どうせ家に居てもダラダラするだけですので、後先考えずにスキあらば行動!

 160103_PIC004.jpg

 向かった先はBon EchoというTorontoから東に200kmほどの所。
 
 嫁様のカナディアンの友人のオススメProvincial Parkです。
 
 それまでの私の勝手なイメージは、「自然を求めるなら北方向。 東と西に大した所は無い。」
 でした。

 それは、ホント今思えば根拠の無い勝手な思い込みで、世界地図レベルの地図を見て”北が良さそう”
 とぼんやり考えていただけでした。


 当初、嫁様に目的地として提案された時も、
 
 「ええっ~ 東!?」

 と乗り気ではなかったのですが、
 とある嫁様の一言で俄然やる気が出たのでした。 それは、、、

 「なんか、もの凄い絶壁があるらしい。 湖沿いに。」
 
 私の心をくすぐるKey Word。
 
 目的地は決定。


 ・

 ・

 ・

 自宅から4時間。
 
Bon Echo Provincial Park に到着。

 すごく昔からあるProvincial Parkのようで、センターハウスも古い物でとても歴史を感じました。
 ”古い” といっても綺麗に整備されており、とても好印象。
 
 キャンプできるエリアもとても広大です。
 

 160103_PIC009.jpg

 ハイキングルートも多く、とても自然が豊か。

 また、小さい湖をつなぐカヌールートも数多くあり、もうちょっと子供が大きければぜったい挑戦したいと感じました。
 湖をカヌーで渡り、陸地はカヌーを担いで次の湖まで移動(ポルダリング)、 楽しそう~


 
 まだ我が家の子供達には体力的にムリがあるので、今回はボートを引張ってきました。

 160103_PIC007.jpg

 自転車も持ってきたのでベースキャンプから自転車で色々と散策をしました。
 
 かなり子供達も自転車に乗るのが上達しました。
 後は、次男君が坂道で”立ち乗り”できれば良いのですが、、、 2016年に持ち越しです。

 
 子供達は、湖で泳いでいるカナディアンを見て、

 「泳ぎたい! 泳ぎたい!」

 と大騒ぎ。

 いちよう、水着持ってきたけど絶対寒いでと言い聞かせてTRY。

 結果はヤッパリ↓↓↓

160102_PIC003.jpg



 私も泳ぎましたが、めっちゃ寒い。。。

 
 日本じゃゴールデン・ウィークを過ぎたら海開きする私ですが、カナダに来てからは何処も水が冷たくて
 まともには泳げません。


 平気な顔して泳いでいるカナディアン、、、 構造が違うんでしょうな。。。




 初日はこんな感じで散策&水遊びで終了。
 
 夜のキャンプもすっかり涼しくなりました。
 キャンプファイヤーで暖を取りながらの食事をとり、就寝しました。


 ・


 ・


 ・





 【2日目】
 
 
 今日は、いよいよ ”湖沿いの絶壁” という私のツボを
観に行きます。

 Provincial内にボートスロープも完備されており、快適ラウンチ。

 160103_PIC005.jpg

 昼ご飯をボートに積み込み、遊覧航行です。

 ラウンチから15分ほどで目的の絶壁ポイントに到着。

 160103_PIC006.jpg



 この絶壁は、大昔の地殻変動によりできた断層で長さ1kmに渡りもの凄い絶壁が湖に突き刺さっています。

 この絶壁、最頂部で70mほどあるのですが、それがそのまま湖底に70mほど深々と突き刺さっています。

 つまり、合計140mの絶壁!

 
 絶壁フェチの私ですが、このそびえっぷりはかなりの高得点。
 魚探を掛けても絶壁がそのまま真垂直に湖底まで続いていることが確認できました。

 スゴイ。

 160103_PIC008.jpg

 カヌーの人達もこの絶壁を直下から見上げようと集まっています。
 
 この様子を見て、このキャンプ場が人気がある理由が判りました。
キャンプ場でカヌーやパドルボードを手軽にレンタルでき、そこから10分ほどでこの絶壁スポットに
来ることができるのです。 

 カヌーのレンタル料も2時間で$8と、とてもリーズナブル。 これはイイ。


 160103_PIC002.jpg

 
 絶壁に沿ってゆっくりと船を進めます。
 
 この絶壁。 自然の景観だけではなく、もう一つ見所があります。

 それは、ネイティブ インディアンが書いたという壁画。
 

 ボートを進めていくと、 ”人だかり” ならぬ、”カヌーだかり” ができています。

 よーく見ると、確かに!

 160103_PIC001.jpg

 何箇所か、同様の壁画を見つけることができました。

 
 昔のIndianもカヌーに乗って、 「おおっ~ スッゲー」って下から眺めていたんでしょうね。





 ・



 ・



 ・



 
 こうして2015年最後のキャンプは終了。
 
 大した準備もせずに「エイヤッ」と出かけたキャンプでしたが、とても満足できました。
 今までノーマークだったTorontoの東側も色々ありそうです。


 ちなみに、釣りですが、、、
 20分ほどやって、チビ・パーチが1匹というお粗末な結果でした!




 以上!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。