FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steelhead 中級編

2014年12月25日


  前回の記事に引き続き、Steelhead Fishingの記事です。

  ”中級編”と銘を打つのは、はばかられますが 「ちょっといい魚が釣れました」
  くらいの意味合いで捉えていただければと思います。

  まあ、本人 大喜びなんですが!




  

 【2014年12月21日(日)】

 前回の釣行から1ヶ月空いてしまいましたがチャンス到来!
 午前中には帰るという約束で嫁様から許しを得ました。
 
 朝の気温は-6℃。 そんなに悪くありません。
 ただ、1ヶ月前に比べてかなり湖の状況は変わっているだろうと推測。
 もう、湖の水も水温下がり切っていると思われます。

 本命で入りたかったのは、とある小河川の河口。
 ポイントは限られているので暗いうちに入ろうと頑張りましたが
 なんと先行者の車が4台も!! 

 やるなカナディアン。
 流石にこの時期に釣りする奴らは筋金入りのFisherman。
 気合の入り方が違います。

 そこで次に向かったのがThornburyというマリーナ。
 その横のBever River河口はどうかとチェック。

 イケそうではありますが、、、 なんだろ。 なんか違う。
 川の流量がとても多くて寒々しいです。

 感覚的に”違うな~”と判断。

 結局またまた、いつものMeaford。

 141225_PIC001.jpg

 おおおっっ~!! 
 
凍ってるやん!
大丈夫か?? 釣る場所あるか??

しかし、車が1台はあるので、誰か釣りをしているのだろうと判断。
支度をして堤防を歩き出しました。

河口に近づくと、河の吐き出し近辺は氷が割れており隙間あり。

先行者が1名釣りをしていました。
「Hi ! , Have you caught any lack today?」

声を掛けると、

「おはよう~」

って日本語? あれ??  なんと、同じ会社のCookingパパ氏。
なんたる偶然。

 釣れましたか?と尋ねると、
 暗い時間から頑張っているものの、アタリも無いとのこと。


 確かに、こんな状況ですから↓↓↓
141225_PIC002.jpg
 
 冷たそう~。
 
 1ヶ月前はまだ冬の掛かりだったので、湖の水は完全に冷えておらず、水に手を漬けると温かく感じました。
しかし、今日はとんでもない、、、
 
 キンキンに冷えています。
 
 これじゃルアーは追わないと判断。
 
 トラウトEggのブッ込み釣りで挑戦することにしました。
 
 以前、紹介しましたが、トラウトの卵と、浮力を持たせるためのフロートビーズを
 スパウンネットで包んだ物を、ヘビキャロ仕掛けでブッ込みます。

 141225_PIC003.jpg

 ブッ込んで、ひたすら待つ釣りに思われるかもしれませんが、実は奥が深いです。
 
 ミートリ漁業長曰く、
 「”待つ釣り”と思っている人には釣れない。」
 
 今年の春にその意味を理解し、ちょっと今は自信が付きました。

 
アタリは ”引く”のは前アタリであり、”フケル”のが本アタリ。


 マリーナ出口のミオ筋のエッジに乗っける感じでブッ込み、穂先を見つめます。

 ・

 ・

 ・

 60分ほど経過したあたりで、、、

 ”なんかモゾモゾしてる。。。 そんな気がする。。。”

 生命感を感じます。

 クサイぞこれは、、、 

 そこでモゾモゾも止まってしまったので、一度リールを半回転。糸フケを取りつつ、
 ちょっと誘いを掛けてみます。

 
 すると、、、


 再びモゾモゾ、、、

 その後、

 フワッと5mmほど穂先が戻った感じが!

 キタ! と叫びながらも半信半疑!

 
 深いストロークで合わせると確かな重量感!
  
 
 ヨッシャ~!!

 
 おおおっ! 重い!

 と思った瞬間、 Giiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!!!  

 ドラグが出る!  デカイよこれは?

 
 Cookingパパ氏がタモを持って駆け付けてくれましたが、
魚はなかなか上がってきません。

 ハリスは1.2号。 無理ができないのです。

 こりゃ楽に60cmはある感じ。


 ここで困ったことに、足元には流氷が漂い、魚を足元まで寄せることができません。
 薄いと思っていた流氷ですが、しっかり2cmほどの厚みがあり簡単には割れません!

 道糸が氷に触れてヒヤヒヤすること数回。
 半透明の氷の下で銀色の魚体がモンドリ打つのを見て興奮!

 Cookingパパ氏がタモで氷を割って、押しのけてくれ、ランディングスペースができました。

 「タモがちっちゃい! 入るかな!?」
 
 Cookingパパ氏もどの方向から掬うべきか思案して、緊張の取り込み!

 
 ヨッシャ~~!!

 ランディング成功!

 141225_PIC004.jpg

 美しい!!

 惚れ惚れ。

 綺麗な背中。 薄いピンク色に染まった側線。
 
 トンガった顔と、なによりこの眼! 眼がタマリマセン。


 ~以下、同じ魚の写真ばかりですが、どうぞ見てやってくだい!~

 141225_PIC005.jpg

 141225_PIC006.jpg

 141225_PIC007.jpg

 眼がタマラン。

 これはニジマスではないでしょう!
 Steelheadと呼ばせてもらいます!

 大きさも、重さも測ることを忘れ、写真を撮ってリリースしました。
 
 
 もう、この1匹で満足なのですが、もうちょっと欲を出して釣りを続けました。

 しかし、この頃から微風が吹いていたのが止まり、完全に無風になりました。
 何が起こるのかというと、、、、

 釣りをしているその目の前の水面が徐々に凍ってくるのです! 
 水面がボヤーっと白くモヤのような物が掛かってきたなと思ったら、それは既にシャーベット!
 困ったことに、この薄氷がラインを引っ張るため、魚のアタリなのか、氷が引っ張っているのか
 全く見分けがつきません!

 捉えることができたアタリは、
 ピンピン元気なヤンチャ坊主のアタリのみ↓↓↓

 141225_PIC008.jpg
 
 11時に釣り終了。
 帰路につきました。


 
 ・

 ・

 ・


 いや~ 嬉しかったです!
 
 Steelheadの虜に完全になってしまいました。

 カナダのWeb siteでも「○○ Steelheaders」や、「△△ Steelhead Univercity」など、
Steelheadを題材にしたWed siteは多く、人気が高いことが良く判りました。

 色々とWeb siteを見て情報収集、勉強してると、こんな写真が!

 141225_PIC009.jpg
(転用失礼致します。OKかな?)

ウッソ! マジかいっ!?

 この魚は同じ5大湖のLake Michiganに流入する河川で釣れたSteelhead。
釣れたのは3月のようです。

 ここまでスゴイのはやはりバンクーバーとかで海から上がってくる物だけかと思っていましたが、
湖育ちでもこんなモンスターになるようです。

 確かに、、、 夏のトローリングでも10lb超えのレインボーはMeafordでも釣れますし。。。

 いや~ 夢が膨らみます!


 色々と勉強して、納得いくサイズのSteelheadを釣り上げたいと思います!



 以上!





 
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

寒すぎていろいろ想定外?
上級編楽しみにしてます。

No title

>HDさん
 お久しぶりです。
 
 「寒い」とか、「凍る」とか「痛い」なんて当たり前。
 ”動けない”です。
 寒いのは大嫌いですが、自分をイジメて頑張ろうと思います。
 ”氷貼る湖でウエーディング”というジャンルもあるようです。
 上級ははるか先ですね~

No title

まりもさん、あけましておめでとうございます!!
今年もどうぞよろしくお願い致します( ^o^)

Steelheadすごいですね(≧∇≦)bイカツイですね!
下に載ってた画像のSteelheadはメーターオーバーなんでしょうね!!!
今年もまりもさんの釣り日記楽しみにしております!!

こんにちは

>ライサマーさん
 長らくお返事もせず、大変申し訳ありませんでした。
 年明けから仕事が立て込み、ブログも完全放置状態でした。。。
 もう曜日感覚が薄れてきています(涙)

 でも、隙あらば釣りに関する色々なActivityだけはやっているので
 楽しくはやっております。

 今日は、久々に更新します。
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。