FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Owen Sound Salmon Derby !!

2014年10月04日


 ご無沙汰しております。
 すっかり更新できず、あっという間にカナダは秋の終盤に差し掛かろうとしております。
 
 「これはブログUPしよう」と思ってからドタバタしてたらなんと2ヶ月経過。。。
 あきませんね。

 でも、楽しい思い出だったので、諦めずに報告したいと思います!

 「Owen Sound Salmon Derby参戦記!」 



 【2014年08月29日(金) ~Derby Day1~】

 会社の同僚 : 「来週末、休出できる?」
 
 私  : 「ゴメン! 絶対無理! サーモンダービーにでるから金曜から休みをもらう!」
 
 同僚 : 「なに~!? ホントか? それは行ってこい!」 

 この日ほど仕事を明確に断れた事はありません(笑)

 それほど気合を入れて参加するイベントはコチラ↓↓↓
 
 140927_PIC001.jpg
 
 賞金総額1,500万円!  Owen Sound Salmon Derby です。

 大会期間延べ10日 参加者人数1000人を超えるこのイベント、 YouTubeの動画で昨年の大会の動画があり
 それを見てすっかり興奮し、今年は絶対に出場しようと心に決めていたのでした。

 会社のカナディアンに「Top Weightを叩き出すまで休んで良いぞ!」
 という、なんも嬉しい激励を受けながら送り出されたのでした。

 
 この大会は、ガチンコの大会でありながら、家族で楽しめるようにイベント盛りだくさん。
 コンサート、キッズDay、オフロードバイク教室、ジャイアントFishフライの提供 などなど、
 てんこ盛りです。

 なので、我が家も家族全員で参加!
 大会開幕の8/29(金)~8月31日(日)の3日間の参加を決意したのでした。

 開場近くの安ホテルも確保。 この安い感じが”釣りに本気”な感じがしてなんかいい感じ!(なのは私だけ?)

 もう、前日は興奮して全く眠れませんでした。

 「ライン、全部巻き変えよう。。。」
 「あっ、 フック巻いておこう。」
 「おっ、チーダー(追加ハリス)何セットか作っとこう。」
 ・
 ・
 ・
 「うーん。 ルアー1個作っとこう。」

 アカン! チカラ入りすぎてる!!

 
 もう、気分は完全に「釣りキチ三平 カナダ サーモンダービー編」
 ドキがムネムネして寝ることができませんした。


 大会開始は金曜の正午。 
 朝7:30に自宅を出て、Owen Soundに向かったのでした。



 大会の会場はコチラ↓↓↓

 140927_PIC004.jpg

 140927_PIC002.jpg

 巨大な特設テントがマリーナに建てられています。

 開場の中はこんな感じ。

 140927_PIC003.jpg

 開場に入って直ぐに目に付くのはやっぱり、、、

 140927_PIC005.jpg

 この125馬力エンジン/トローリング装備てんこ盛りの18ftディープハルボート
 これが、1位の ”副賞” です。

 ・ カッコイ! と興奮する子供達。
 ・ ヤッパ最新式はイイな! と興奮する私。
 ・ 貰ったら直ぐに現金に換金! と興奮する嫁様。

 家族全員が大興奮。

 140927_PIC006.jpg

 ボートラウンチと開場近くの広場にはキャンピングトレーラーが一杯!
 皆さん家族で来てココで寝泊り、ダービー期間中全て参加する本気の方々一杯います。

 
 ドキドキしたままボートを降ろし、イザ!!

 ところが、Owen Soundの港を出ると、一気に現実の世界に引き戻されました。

 140927_PIC007.jpg

 なんぼほどボート出てんねん!!

 見渡す限り、ボート。 半分数えて50艇以上。 100~150(もっと?)の船がOwen Soundの湾の中にひしめいています。

 
 Owen Soundには、 ”Thompson Hole”という有名なブレイクがあるのですが、そのブレイク上には
 船の行列が出来ています。

 まるで沖合に向けて続く通勤渋滞。。。

 
 ・

 ・

 ・

 Owen Soundでボートを出すのは今日が初めて。
 ホント、どうすれば良いのか判らない状態でしたが、まずは初日は地形の把握に取り組みました。

 家族には悪いですが、5時間ズーっとボートピクニックです。

 Thompspn Holeを輪切りにしたり、縦に切ったり、ブレイクを捉えるために細かく蛇行しながら
 地形を読んだり。。。 ひらすら魚探を掛けました。


 結果、もちろん初日はノーヒット! かする感じもしない丸ボウズでした。



 
 【8月30日(土)AM4:00 ~Derby Day2~】

 今日こそは!
 
 140927_PIC009.jpg
  
  家族にも頑張ってもらい、暗いうちから出船!!
  
  もちろん寝袋完備!
  船の中で子供も嫁さんもまだ寝ています。

  
  しかし、完全に迷走!
  実績が無い分、確信が持てない! 今やっていることを続けることが、我慢ができない!
  無駄な移動、焦ることで起こる些細なトラブル、、、
  
  ダメだ! 完全にボタンを掛け違えてしまいました。

  結局午前中でギブアップ!
  午前中と言っても8時間は頑張った訳で、かなりフラフラです。
  この状態で午後をダラダラ流していても全く釣れる気がしません。

  トローリングは決して交通事故的に釣れる釣りでは無いのです。
  必然性を高めていって狙う釣りなのです!
  
  と、カッコイイこと言っていますが、結局は丸ボウスです(涙)


  今回はDerbyを楽しむことが目的と、自分に言い聞かせ、ボートを揚げました。

  そして、家族で開場に向かったのでした。

  開場には、旦那と子供が釣りから帰って来るのを待つ家族の方々が一杯います。
  その人たちを飽きさせないように、イベントが組まれています。

  残念なことにと言うと失礼ですが、一番大きなライブイベントは時間が合わず、
  その時間は中継ぎ的な 「エルビスプレスリーのソックリさん」
  のライブが行われていました。

  140927_PIC010.jpg

  プレスリー? いや、オリジナルのアレンジが入りすぎていて、もはや似てるというかは、 
  「普通に歌の上手いお兄さん」 です。

  でも、こんな感じも大好きです。

 
 一方、子供向けにはコチラ↓↓↓

 140927_PIC011.jpg

 釣りゲーム!  
 
 テレビに魚が暴れて引っ張る実画像。そのテレビの下にある黒いBoxが連動しており、
 かなりリアルに竿を絞込みます。

 ボウズ無し! ウラヤマシイ!
 
 
 そして、検量場に行って昨日、今日の釣果状況を確認、、、
 持ち込まれているサーモンの数は2日で40匹程度、
 出ているボートの数からすると、相当渋いです。

 しかし、釣れているのは事実! 気合が入ります。

 そして、現時点での最重量Fishはコチラ↓↓↓

 140927_PIC008.jpg

 18lb程度 まあまあデカイ。
 驚いたのは、、魚の色。 この時期、良く釣れている個体は、まだ湖を回遊している銀ピカの個体。
 大きさも~15lbというのが最近の傾向でした。
 しかし、この持ち込まれている個体はかなり川への遡上を意識してきている黒い魚です。
 こういった個体は言わば”早熟” なのでひとまわり大きいのです。
 
 やはり、大きい魚を狙うためにはこういった魚が何処にいるかを把握して、狙わないといけない
 ようです。 しかし、これに惑わされると自分の明日の計画に迷いがでるので、
 見なかった事にしようと自分に言い聞かせたのでした。

 
 ・

 ・

 ・

 その夜は家族でPizzaレストランに行って、反省会。
 明日はいよいよ最終日!
 
 明日こそドップリ1日といきたいところですが、明日はKids Dayイベントが開場であり、
 それに子供達を連れていってあげたく、釣り時間は 朝~AM10:00までと決めたのでした。
 
 短い! でも、狙いは絞れてきてます!




  【8月31日(日)AM3:30 ~Derby Day3~】

  いよいよ最終日。。。
  
  ”3日間 ゼロ” で終わってしまってはホント、悔しいどころでは済まされない。
  なんとか1匹だけでも釣り上げてエントリーしたい。。。

  前の夜に家族と相談。 明日もまたAM4:00から挑戦させてほしいと、、、、
  子供達ももう集中力が続かないかな。。。 とかなり心配になっていたのでした。

  「もし、朝が辛かったらホテルで待っていてくれるか?」

  この2日間、頑張ってくれた家族に対して、言い出し辛かった提案なのですが、
  疲労も溜まってきているだろうし確認をとったところ、 
  予想外に長男君だけは、「行く!」 と言ってくれました。


  よし、なんとかして釣り上げよう!  

  気合を入れて最終日の朝を迎えました。
  
  140927_PIC013.jpg

 ボートラウンチを待つ間も緊張。
 
 でも、今日の作戦は既に決めていました。

 「朝イチのボートが少ない間に、Thompson Holeのブレイクに入ってくる魚を狙う!」
 
そう、この変の哲も無い作戦ですが、これをできるだけの情報が前の2日間でやっと揃ったのです。

 出航前に魚探に1日目、2日目の航跡を表示させ、Thompson Holeのブレイクを明示します。
 特に西側ブレイクは我慢しつつもブレイク上に並んだ大船団を追ったため、かなり鮮明。
 狙うはココです。

 出航後Thompson Holeのかかりから、100m毎に船速を緩め魚探をチェック。
 私も長男君も真剣にサーモンの群れを探します。

 それを繰りし、1kmほど走ったところでしょうか、やはりブレイクの真上でついに、、、

 140927_PIC014.jpg

 ついにデタッ!
  
 1日目の航跡の真上、遂にサーモンの群れを捉えました。
 周囲に他のボートは皆無。 ドキドキして心拍数が上がります。

 セレクトしたルアーはGlowカラーの5inchスプーン。 
 ダウンリガーを慎重にセットしました。

 後は、この群れに食い気があるかどうか、、、、

 ・

 ・

 ・

 初めに見つけた群れは過ぎてしまい、ガックリ。。。
 しかし、しばらくして次の群れが魚探に写りました、、、
 これは、、、 と思った瞬間に、


 Giii !! Gi ! Gi ! ! Giiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii !!!!!!!!!!!!!!!!!  

 よっしゃ! キタ~~!!

 
 ロッドホルダー からなんとかRodを抜き、 渾身のアワセを食らわします!
 ヨッシャ! 完全に乗った!

 長男君の方に振り向くと、

 「パパがやって!!」 目を見開きながら明確なメッセージ。

 「ヨッシャ! 頑張るで!!」

 この魚だけは絶対逃がせません!!

 まだまだ湖を回遊しているフレッシュな個体なので、メチャクチャ走ります!

 Giiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii !!!

 一気に50ftほど持っていかれ、思いっきり汗が吹き出します。

 長男君はもう一方の仕掛けを回収。

 私は片手で魚をいなしつつ、ダウンリガーを回収。

 そして船のエンジンを停止させ、ついでに魚探にHit位置にマーカーを打ちました。

 この食い気のある群れは逃せません!


 長男君はササッとフロントデッキからランディングネットと、ボガグリップを持ってきて待機。
 魚の動きを注視しています。

 (おおっ~ なんかいい感じのチームワークやんか!)

 自分たちに酔いながらも手元は真剣。

 魚が走る度に20lbの太いラインが水を切る音が響きます。

 バレルなよ~!

 「よっしゃ、そろそろ見えるぞ、見えるぞ! 見えるぞ~!」

 透明度15mのクリアな水中に、時おり光る魚体!

 10分以上掛けて慎重に魚を浮かせました。

 一度浮いたところ魚の口元を確認すると、トリプルフックがガッチリ入っています!
  
 最後の取り込みは長男君にお願いしました。 
 危なげなく魚はネットに収まり、喜びを抑えながら必死で船内に引き上げました。

 ヨッシャ~!!!

 ガッチリと長男君と握手を交わし大喜び!

 140927_PIC015.jpg

 もちろん優勝を狙えるような魚ではありません。
 しかし、この緊張感の中、3日目にしてやっと手にした我々のチーム初めての魚。

 本当に嬉しかったです。

 ・
 ・
 ・
 
 しかし、余韻に浸るのもそこそこに、次の魚を狙います!
 魚をライブウェルに放り込み、ボートをUターン。

 狙うは、先ほどマーカーを入れたHitポイントです。
 
 トローリング業界(?)で俗に言う ”往復ビンタ” を狙います!
 まだ群れはいるはず、、、、

 慎重に船をマーカーの方に走らせ、もう少しでマーカー位置に差し掛かるというその瞬間に、、、

 Giiii !!! Giii Gii Giiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii !!!!!

まさかの往復ビンタ成功!!

 しかし、ロッドがホルダーから抜けない! 出て行くライン!
 ようやくロッドを抜いて、渾身のアワセを食らわします!
 
 あぁぁ~! バレタ。。。

 
 残念。。。 でも、この3日間 十分頑張りました。
 約束の10時を過ぎてしまったので慌てて帰港。

 ボートを揚げ、片付けを終えた後、先に次男君と嫁様を迎えに行きました。
 
 なぜなら、魚のウエイン(検量)は家族全員で行きたかったからです。

 ・
 ・
 ・

喜んでくれた次男君、嫁様も一緒に会場テントの中にある検量所に向かいます。

良かった、魚持ち込めて(笑)
 
 140927_PIC016.jpg

 相変わらず、状況は渋いようで、持ち込まれている魚も本当に少ないです。

 名前とDerby登録用紙を見せて、いよいよ検量。
 
 ウウーン。 検量所のオッチャンはいい人達なのですが、超ネイティブEnglishで聞き取り難し!
 スキルUpが必要ですね。
 
 まあ、なんとか無事検量を終え、”Team我が家”の成績はコチラ↓↓↓

 140927_PIC017.jpg

 Derby3日目の段階で、順位は暫定9位。
 
 140927_PIC018.jpg

 残念な事に、プレート更新は正午と午後6時となっているらしく、私達の名前が乗るのを見ることができませんでした。
 丁度、魚を持ち込んだのが正午の更新を終えたところだったので、超残念!

 
 まあ、この後Derbyは7日間続くので、10thボードからは外れちゃうでしょうが、、、
 (2014年ダービー最終結果を後日確認すると、1位が21.9lb。もちろん我々は欄外でした。)

 

 ・
 
 ・

 ・

 こうして、無事に競技は終了。
 肩の荷が降りたところで、後はイベントを楽しみます。


 まずは疲れた体を癒すため、腹ごしらえ。

 140927_PIC012.jpg

 Giant Fish Flies

 揚げたての鮭のフライが振舞われ、その他ポテト、コールスロー、ブレッド
テンコ盛り。

 お腹が一杯になったところで、
 次は、、、

 140927_PIC020.jpg

 本日は”Kids Day”

 消防隊、レスキュー、警察の車両展示や、セミナー。
 そして「フワフワ滑り台」も多数出ていて子供達は大ハシャギ!

 お菓子を配ってくれたり、クイズで景品を貰ったりして、大満足してくれました。


 魚の釣れない苦しいDerbyでしたが、最終日になんとか巻き返せたかな?


 
 正直なところ、
 「ああっ~ 釣れへん、辛い。 もう来年は出ないかな~」

 なんて言っていましたが、物価の高いカナダにおいて、
 家族全員でDerby参加費$60のみでこれだで遊ばしてもらえるイベントはなかなか無いです。

 来年、もしチャンスがあれば是非また参加したいと思います。
 
 来年は、会場横にキャンプかな?
 そうすれば、夜に会場テントの中で他の釣り人と一緒にお酒飲めるな~



 最後に、子供達にキメてもらいました。
 あれ? 横向いてる? まあ、ええか!

 140927_PIC019.jpg

 終わり。



 ~ 追伸 ~


 翌日、会社に出勤して漁業関係者(釣り好きカナディアン&アメリカン)にダービーの様子を
 メールで送りました。

 そしたら、
 「9位!? ダメだ! 明日から休み取ってDerbyに戻れ!!」
 という返信が一杯返ってきました。

 今年は許して!
 来年こそは絶対!!


 
 

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやいや素晴らしいダービー釣行記でしたね。
ワクワク感も伝わってきましたし、家族での一体感!?も伝わってきます。
さすがカナダ!規模が違うっていうか どこにいってもまりもさんはスケールがちがいますな。

日本はすでに禁漁となり 2014は残念な結果となってしまいました。

2015こそは!!!とすでに気合十分です(早すぎで本シーズンまでもたないかも・・・・)
来シーズンはウェダー&シューズを新調(今年シーズン最後まで寿命もたず・・・)予定ですので
がんばりますっ。(予定)

もうすぐ冬になってしまいますので冬支度もきっちり行ってください

次回の釣行記も期待しています。

家族ぐるみでレジャーを楽しめるアメリカン?カナディアンらしいトーナメントですね。
異国の生活で大変な面もあるでしょうが、こんな体験をできる子供たちが羨ましいです(^O^)

ブレイクに沿って並ぶボート…まるでかつての南湖のディープホールみたいです(≧∇≦)

No title

 こんにちは。 
 コメントいただきありがとうございます。
 こちらカナダは紅葉真っ盛り。 今週末から最高気温が10℃を下回る日が続くので、
 秋は”あと3日”という感じです。

 >G/Lさん
  ご無沙汰しております。
  なにもご連絡せず申し訳ありませんでしたが、今年の夏~秋は仕事も釣りも奮闘できました。
  カナディアンにも漁業関係者が増え、動きやすいです(笑)。
  
  今年は氷張るまで、11月でも釣り行きます! -5℃ いや、-10℃までは頑張ります。
  ご期待ください。



 >ぱたえ
  お久しぶりです。 釣りに行ってますか?
  
  ボートまで買っておいて言うことじゃないかもしれませんが、まだまだカナダの釣りは浅くしか
 まだ体験できていません。 
  本当は小さな川のブルックトラウト、11月に遡上するスティールヘッド、
 狙って釣るメーターOverのレイクトラウト、時期とポイントを絞り狙って釣る巨大ブラウン。
 一度は釣ってみたいメーターOverのマスキー。一方で、50cmを超えるスモールマウスバス。 
 やりたい事は山ほどありますが、なかなか時間が取れません。
  でも、なんとか時間を作ってできるだけ頑張ります。
  更新がなかなかできませんが、また覗きに来てちょうだい。
  
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。