スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monster Truck JAM !!

2014年02月23日


 すっかり更新が滞り、今年初の更新となりました。
 
 ドタバタしておりなかなか、、、


 もう、1ヶ月も前のことになりますが「Monster Truck JAM」 というショーに行ってきたのでご紹介します!





 【2014年01月19日(日)】


 その前に、昔の話を、、、


 私が小学生年6年くらいの頃、”プラコン”というものにハマっておりました。

 ”プラコン”という呼び方はおそらく地方名(?)。
 
 市販の完成品ラジコンでは無く、自分で作るタイプのラジコンを、 
 プラモデル・ラジコン⇒”プラコン”と呼んでいたのです。

 そんなプラコンの中で、大好きなのがMonster系でした。

 140217_PIC001.jpg

 こんなタイプです。

 バギー、F1など色々ありますが、このトラック系がとてもカッコよく見えたのです。

 私が持っていたのはコチラ↓↓↓

 140217_PIC002.jpg

 見た目はゴツイのですが、中はガラガラ(笑)。レトロなスピコンがキコキコ動く今思えばショボイ作り!

 更に、なぜかTAMIAから販売されていたこれらのモンスターTruck系、
 なんと、、、全て”2WD!”

 見た目だけです!

 でも、泥の中やら、水の中やら、色々と走らせて面白かったな~。



 モンスター系の中で、「こんなのあったらな~ ほしいな~」と思うのが、コチラ↓↓↓

 140217_PIC004.jpg

 荷物も積める! オフロードもOK!
 まさに釣りにピッタリ!

 こんな車が軽ナンバーで出ないかな~ 
 ラダーフレームで、ジムニー並のタイヤがはけて、、、

 いや、いっそジムニーのシャシーにバモスのBodyを乗せちゃうか!?

 
 ・

 ・

 ・


 前置きが長くなってしまったのですが、とにかくモンスター トラックというのは
私の心をくすぐるなにかがある訳です。
 そんな気持ちも薄れかけてきたある日。イベント案内の広告を見かけたのです。

 「Maple Leaf Monster JAM」

 憧れのモンスター トラックを生で見られる!

 嫁さんに一緒に行かないか誘ったところ、
 「子供と行けば!(怒)」
 <心の声> 
 昨年年末から休出続きでろくにどこも連れて行ってないのに、トラックだと~!?


 
 まあ、そこは子供の頃からの熱い気持ちを語ってご了解頂きました。
 でも、結局、私と長男君がトラック。嫁様と次男君はトロントでお買い物。

 
 まあ、よし!



 なんと、チケット購入したのは当日の朝!
 最後は叩き売り状態で良い席が格安購入できました。

 嫁様達とトロントまで一緒に行き、そこから別行動。
 私と次男君は地下鉄でRogers Centerに向かいました。

 140217_PIC005.jpg

 球場の掲示板はMonster JAMの案内だらけ。
 思っていたよりも観客も多く、球場外側でもかなりの人だかり。
 開場と共に中に入りました。

 140217_PIC006.jpg

 おお~ スゴイ。
 普段は球場なので芝生なのですが、球場全面に鉄板を敷き詰めて、そこに12インチ(30cmくらい)
土を入れて、更にジャンプ台などを盛り上げているのです。
 トラック何台分、土入れたんやろ。。。



 さて、お目当てのモンスター トラックですが、、、

 おおぉ~ 超・カッコええぇ~!!


 興奮して「スゲー、スゲー! カッコエエ~」と大はしゃぎしている私に
長男君は若干引き気味!?

 140217_PIC007.jpg

 開場は1時、モンスター トラックのショーは2時開始なのですが、前座でモトクロスや、
4輪バギーのレースがあってそれで既に楽しんでいたのでした。

 
 しかし、2時になった瞬間、けたたましいエンジン音が!

 モンスター トラックの始動です。
 想像以上!

 実は周囲の観客が耳栓や、射撃訓練で使うときに使うようなヘッドフォンいたいな消音器を付けて
いたんですが、その時は「こういうのは生で楽しまんなイカンでしょ~」など、素人なのに思っておりました。

 ダメ! これは子供の耳には厳し過ぎる!

 急いでティッシュを丸めて詰めました。

 
 オープニングは全てのモンススター トラックがスタジオ内をぐるぐる。

 140217_PIC019.jpg
 
 この後、イベントとしては

 前半 : 2台ずつのスプリント レース
 
 後半 : 1台ずつ、所定時間内に繰り出す技を競うフリースタイル

 その合間、合間に、ATVのレースや、バギーのレースなどが入り、盛りだくさんです。


 
 もう、内容はどうでも良い感じ!?
 とにかく、速いよりも目立った方が勝ち??



 面白い!
 興味のあるのはやはり車の構造。
 パドックPassは売り切れで間近で見られなかったのがとても残念。

 とにかく、

 ”専用設計” 

 フレーム、駆動系のなんと無駄の無い美しい作り。。。

 4WDなのはもちろん、後輪も舵角を切れる構造です。 興味深々。

 無駄なのは外観だけ!
 各車、個性を出そうと色々と思考を凝らしております。
 
 
 140217_PIC008.jpg

 TAMIA模型のモンスター系を思い出させますな。


 しかし、やはりせっかくのモンスター”なんでもあり”なので、
こういう方が楽しかったです。

  140217_PIC010.jpg


 こんなのもありましたよ~

 140217_PIC009.jpg

 転倒したり、接触したりして直ぐにボロボロになるのですが、各車、お金を掛けて頑張ってるなと感心。


 一番多かったのは、「アニマル系 ”ワンちゃん”」シリーズ。
 犬は犬でも各車個性を出そうと「犬」の枠の中でも頑張っております。

 
 コチラは”狂犬風”

 140217_PIC011.jpg



 コチラは”猟犬風(?)” 

140217_PIC012.jpg



 コチラは”ダルメシアン風”
シッポがぬいぐるみ風でピョコピョコと動きます。

 女性トライバーだったのですが、キレた走りを披露してくれました。
綺麗な方だったので車から降りてきて顔を見て、そのギャップに仰天です。

 140217_PIC013.jpg



 コチラも犬系ですが、”ドーベルマン風” 

 140217_PIC014.jpg

 個性を出そうと耳の部分がソフト材質(笑)。 ヒラヒラなびきます!


 
 「犬系は一杯だし、正統派ではちょっとインパクトが、、、 そうだ!」
 という検討過程が見えるようなのがコチラ↓↓↓

140217_PIC016.jpg

 大好き!


 もう、内容と審査内容は良く判りません! 

 タイヤがもげて、3輪のまま最後まで走りきった車に大歓声!

 バリバリっと外装が外れてフレームだけになったら大歓声!

 オーバーヒートしてエンジンから発火したら大歓声!

 ああっ! 転倒してしもた! 大歓声!
 
 ・

 ・

 ・

140217_PIC017.jpg


 
 始めのうちは、

「Fuoooooo!!!」

「Buoooooo!!!」


のカナディアンの大歓声と、雄叫びに怯んでいた長男君ですが、
途中からは立ち上がっての「ガンバレー」と叫んでいたのでした。

 応援したいモンスター トラックの絵を手持ちの紙に書いて、
 「Go! Green Deger! Go!]
  と、応援旗を作っていました。

 半ば、引っ張ってきた感じですが、楽しんでくれたようでホッとしました。


 140217_PIC018.jpg



 
 また、こんなイベントがあったら参加したいと思います。


 以上!






 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

写真にミニ四駆が混じってますがwwうちの地方もプラコンです。俺はグラスホッパー→ホーネット→バンキッシュでした。アバンテ、イグレス欲しかったなぁ。

No title

HDさんこんにちは。

HDさんもプラコン経験者ですか。
アバンテかっこよかったですよね〜
でも、私は親戚のニイチャンの影響で京商派でした。
オプティマミッドです。
毎日が楽しい日々だったな〜
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。