FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムニー 排気漏れ

2012年11月10日



 
 
 今日は会社の駅伝大会があり、グッタリ疲れました。

 「30歳以上枠」という不名誉な枠での出場ですが、ベストを尽くすべく
 1ヶ月前からコッソリ練習を重ね、区間賞狙いで臨んでみました。
 
 しかし、結果は4秒及ばす、、、 残念。


 

 そんな訳で、なかなか趣味の時間も取れないのでまたもや過去ネタ。

 ジムニー 自虐ネタです。









 【車検前日! 排気漏れトッカン修理】 

 
 今年の6月、ジムニーの車検前日に釣りに行っていました。

 「明日は車検。 ハブもオーバーホールしたし、リーフも車検対応増しリーフやし、OK、OK!」

 安心しきっての出発でした。

 
 しかし、釣り場に向かう山道で異変に気が付きました。

 「?? イマイチやぞ!?」

 踏み込んでもイマイチ パワーが出ません。

 原因はトンネルに入った際に気が付きました。


 ”バスッ! バスッ! バスッ! バスッ!!” 

排気漏れ。。。


車検が近くなければしばらくほっとくのですが、さすがに釣りを諦めUターン。
 
自宅で修理に取り掛かりました。




 車体裏を覗くと、、、

 121110_PIC001.jpg

 どこから漏れていても不思議じゃない状況。


ジムニーのマフラーは、チンチンに焼けた状態でザパーンと川に飛び込んだりするので錆びるんでしょうね。

何回も焼き入れされたような状態で酸化するのでしょう。


嫁様にアクセルをフカしてもらい、患部を特定。 カバーの中やな~


恐る恐るカバーを外すと、、、


121110_PIC002.jpg


マフラーステーが朽ちて落ちてしまい、その裏の穴が露わになっていました。

別にどってことないのですが、”明日が車検”なだけに焦ります。


 患部をまずはキレイに、、、

 グラインダーで溶接ビードなどを除去。

 121110_PIC003.jpg

 小さな穴がイッパイ。。。

 
 どうするか悩みながら缶コーヒーを買いに行き、ヒラメキました。

 「よし。この空き缶でフタしよう。」


 ブリキバサミで空き缶をチョキチョキ。

 耐熱ガスケット(ウルトラカッパ―)をタップリと患部にぬりぬり。

 そしてアルミテープを何重にも重ねて巻き固めました。(アルミテープの間にも耐熱ガスケット)

 121110_PIC004.jpg

 心配なのはアルミテープ。アルミの融点は660℃と、鉄の半分以下の温度。
 しかし、今回の補修部位はずいぶん後ろだから大丈夫だろうと判断。

 エキマニや、フロントパイプだったら高温なのでNGでしょうけど。



 そして、朽ち落ちたステーは適当な金属板を曲げてぶら下げました。

 
 これで良いのか?

 しかし、大丈夫。

 カバーを掛ければOK、OK!

 121110_PIC005.jpg
 
 
 トッカン修理でしたが、排気漏れはしっかり止まりました。

 
 そして、翌日の車検も無事合格。

 
 そのままの状態で今も乗り続けています。 好調ですよ(?)




 以上!






 
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。