スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間を絞り、狙いを絞り。

2012年07月20日







 またまた行ってきました。 
 トローリング。


 トローリング初年度だからこそトコトンやり込む。
初年度だからこそ色々な湖に通ってみる。

 トローリングに関する「何か」が1つでも見えることを期待して。。。

 

 今のところ、”やり方色々、底無し沼”というところが見えております!






 




【2012年07月20日(金)】AM4:15~PM7:15(←釣り時間)


 
 今回は平日釣行。
 
 どこに行くかは迷うことなく「田子倉湖」。

 
 なぜか?


 先週、やり残した事があるからです。


 やり残した事とは、「Bigサイズの追及」。

 
  先週は、夕方のマズメ直前でパターンをようやく掴んだので、それを繰り返すしかやりようが無かったのですが、
 同じサイズのイワナ、たまにウグイを織り交ぜつつ、数を伸ばす中で大きいのが掛かることに期待して
 いました。

  それも1つの方法なのですが、パターンをつかんで軌道に乗った段階で、小型のHitを省けるような釣り方に
 切り替えればもっと大型を釣ることができたのでは!?
  と、前週以来、反省していたのです。

 
 
 そこで、今週はその課題を念頭に置き、再び田子倉湖に挑戦したのでした。


 
 


 
 最初に、今回の釣行全体を振り返ると、、、
 
  実釣時間 : 15時間(AM4:15~PM17:00)

  Hit時間 :  ① AM4:15~6:00
         ② PM3:45~5:45

つまり、1日の75%は釣れない時間。

  トローリングも、1日中 ダラーっと流していて釣れるような、
  「あっ、釣れた!」 的な釣りでは無く、状況を判断し、
  「ココで一発!!」と狙って集中しないと釣れない釣りなので、いかに狙うべき時間を絞って
  集中するかがカギとなりそうです。


  

  ・

  ・

  ・


  
  「今日は朝イチから!」


  暗いうちからセットアップして、夜明けと同時に出船!

  今回は魚探も復活してやる気 満々です。
 (やはり、バッテリーが一つダメになっていました。980円で怪しい格安バッテリーを購入。)


  120720_PIC001.jpg


  朝モヤ掛かる中、 まずは先週のハマりパターンを試します。。。




  Giii!


  HIT!


  早朝はワカサギと思われるベイトフィッシュが水面近くを徘徊しており、 
  イワナもそれに着いている様子。

  短時間にHIT連発!


  120720_PIC002.jpg

  やはり、先週のHITルアーであったプラ板スプーンは今回も良く当たります。

  しかし、30cm程度のイワナが多数で、ウグイも混じります。

  
  それでは、、、 ここで、、、
  
  ルアーを切り替えて、90mmのミノーで挑戦!
  まずは、ウグイのアタックを排除!

  
  と、意気込んではみましたが。。。

  120720_PIC003.jpg

  90mmミノーではダメなのか?

  ダメだ。


  丁度、この時点で朝のマズメTimeは終了。

  朝モヤが晴れて、日光が水面に差し込んだ瞬間に魚は一気に散ってしまいました。

 
  スゴイな。 なんて時合がハッキリしているのでしょうか。

  魚探に映っていた魚影も一気にゼロに。

  

  その後、9時頃まで色々と頑張ってみたのですが、全くダメ。

  
  そこで、釣れない時間は勉強時間ということで、先週HITが連続したポイントを
  魚探掛けしてみました。 答え合わせです。

  やはり、底立ち20mとかでも、良かったポイントには何かしらの地形変化が見られました。
  勉強になりました。



 
  AM10:00

  第一部終了です。



  

 

  ・


  ・


  ・






  120720_PIC004.jpg


 ど・ピーカン!

 水深4mの底がハッキリ見えるほどの日差しでは釣れる気もせず、

 日陰に船を止めて、お昼寝しました。

 これはこれで、気持ちいい。




 ボケーっとしながらも、次の時合がいつかを考えます。

  AM10:00過ぎ、気温上昇と共に吹き始めた南風。
  波がザブザブと出ています。
 
おそらく、この波が収まった瞬間が時合でしょう。
 風の当たっていた側、岸沿いの魚の活性が上がるはず!
 (と、レイクトローリングスクールで教わりました。)

 
  さすがに5時間も寝続けることはできないので、昼過ぎにボートを走らせ
 湖の状況を確認してみることに。

  すると、水深2.0~2.5mあたりにサーモクライン(水温躍層)が映ります。

  そして、サーモクラインの反応と混ざって不明瞭ですが、魚らしき影も見つける
 ことができました。

  しかし、その魚は全くやる気がないのか無反応。

 
 
 ・

 ・

 ・


 やっぱり昼寝。。。




 
 そして、、、

 PM3:30

 思っていたより早い時間に風が止まりました。

 
 太陽も雲で隠れてどんよりと良い感じ。



 第2部開始です。






 湖をみると、日中の風に吹き当てられた岸沿いに所々、濁りが入っています。

 赤土が露出した部分に波が当たり、濁りとなっている様子。


 120720_PIC005.jpg



 なんだか、魚っ気を感じます。 



 そこで、釣り再開。


 まずは、様子を見るべくスプーンを通すと直ぐにHIT!


 小型のイワナ!


 続いてウグイ。

 
 ウグイ! ウグイ! ウグイ!

 
 超・高活性


 でも、悪くは無い。 魚は間違いなく食い気がある!


 
 そこで、ルアーチェンジ!

 
 濁りの中、確実に魚に見えて、ウグイ、小型イワナを排除できる釣り方!


 120720_PIC007.jpg

 正直、昼間全く釣れない(釣っていない)状況なので、とりあえず数を伸ばすことを考えてしまうのですが、
 グッと我慢。

 90mm程度のミノーではウグイが来ることが朝の釣りで判明しているので、
 一気にBig Minnow!


 
 魚には確実に見えている。

 それがこの釣り方の自信!



 岬を両岸から研ぐように(?)ルアーをトレース。

 つまり、岸際から岬先端に抜けるようにルアーを通します。

 逃げるベイトフィッシュをイメージ。

 その方法を、「赤土岬+立木」の条件の揃う場所ごとに繰り返します。




 
 すると、、、




 
 Giiii! Giiiiiiiiiiiiii!!


 よっしゃ! Hit!

 
 岬先端を通過するそのタイミング。 ワクワクの期待が頂点に高まった時のクリック音!

 病みつきです。

 このクリック音が鳴る目覚まし時計があったら、毎日一発で飛び起きそうです。



 伝わる魚信。 ローリングしているのが判ります。

 
 水中でもんどり打つ姿を確認!


 デカい!


 120720_PIC008.jpg

 
 ヨッシャ~!  めっちゃ顔つき逞しいオスのイワナ。

 
 猪苗代のイワナの方が、太いのですが、ここのイワナは険しい顔がカッコいい。

 写真に撮り損ねましたが、鼻が割れてるのです! 口も曲がって、カッコ良過ぎ。



 写真撮るのも大忙し。 魚体が弱らないようにバシャバシャ水を掛けていたら、
 船の中は水漬け状態になってしまいました。

 ピンボケ多数ですが、無事に写真を撮り終えてリリース。


 


 よっしゃ! 次!
 
 


 
 もう、満足してしまっているのですが、なんだかもう一発出る予感。
 
 その時は、本当にそういう予感がありました。


 リーダーを交換し、再度ポイントに入り直します。


 
 すると、、、、







 
 ググッッッ~~~、、、、

 ゆっくりと竿先がはいりました。

 
 「あれ? ラインが底擦った? 抜けるかな??」

 
 と、思った瞬間!



 Giiiii!!    Giiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!!    Gi!   Gi!


 入った!!


 スッゴイ入り方! ぶわっと汗が吹き出しました。


 そこからは必死。 ゴンゴン、グルグル。 えらい勢いでローリングしているのが判ります。

 Hitポイントは立木周り、多少強引に立木から離し、ワンド中央まで引きずり出してから
 慎重にファイト!

 もう、ただただ必死であまり覚えていません。



 そして、ついにランディング!


 120720_PIC009.jpg

 やってもうた! これは。


 嬉しいのですが、出来すぎで怖くなってきます。

 これも鼻曲りのオスのイワナ。


 下顎持ったら親指が血だらけになってしまいました。

 正直なところ、田子倉湖でこのサイズが出るとは思っていませんでした。


 
 またまたお恥ずかしいですが、セルフ撮り。

 120720_PIC010.jpg

 感無量。

 
 写真をパパッと撮って無事にリリース。

 
 しばし、呆然。



 ・

 ・

 ・

 
 よし、『ヨッシャ!』 って声に出していってみよう。

 などと思い。

 
 よっ、ヨッシャ~~!


 と唸ってみました。


 感激です。




 今回、立木周りを根掛かりを恐れる事無く攻めることができたのは、これのおかげ↓↓↓

 120720_PIC006.jpg

 これは優秀です。

 何度も根掛かりましたが、これをリーダーに這わせて落とすだけで瞬時に回収。

 手放せません。




 
 
 このあと、さすがに連発は無く、日暮れTimeに。

 先週のパターンで連発か? と、期待していましたが、
 今回は全くの不発。

 季節・パターンはこの1週間で変化したようです。

 120720_PIC011.jpg

 
 今回も楽しかったです。

 
 目標は60Up!

 
 更なるサイズUpを求めて頑張ります。





 以上!









 
    

 
  


 
    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メールありがとうございます。

相変わらず良い釣りしてますね!
岩魚カッコイイです(#^.^#)




No title

はじめまして!いつも更新楽しみにしてます。
突然で申し訳ないのですが、ドジャーは付けますか?

明日、銀山に行ってきます!

No title

 こんばんは。
 
 
 >レットさん
   
  ビギナーズLUCKというやつです!
  今年からのトローリングなのですが、調子が良過ぎです。
  
  でも、魚の動きの掴み方は、長年やっていたバス釣りと同じところがあり、
  これまでの経験も活かせそうです。
  ただ、 どうしてもストラクチャー絡みの釣りになりがちですが(汗)

  水温躍層、湖流 の絡む 中層の釣りは、真っさらな状態から勉強です。




 >いっぺいさん

  はじめまして。
  お返事が遅くなり、すいません!
  もう、銀山に出発されたでしょうか!?

  私も今年からトローリングを始めたばかりなのでなんとも言えないのですが、
  「魚に見えてない」のが一番不安なので、春先の雪シロで
  濁っている時などは付けていました。
  でも、あまり大きな魚が釣れるイメージではないんですよね。
  あと、クリアな水質では目立ち過ぎる感じがして付けていません。
  
  なので、基本は”付けない派”です。

  でも、私もまだまだ試行錯誤中ですよ!
 
  銀山、がんばってください!

   

No title

おもろい釣りしてますな。
やっぱり、考えて組み立てるのが釣りの面白さやね。
自分も先回の釣りで実感。
こちらもまたブログ更新します。

トローリングすげ~

こんばんは

河川では考えられないサイズに

ただ、ただビックリ!

トローリング恐るべし(>_<)ゞ

No title

 こんばんは。
 
 コメント頂きありがとうございます。

 
 
  >HDさん
   
    先日の超・アゲFishの反動はきましたか!?
    
   私も今回のアゲFishの反動に身を硬くして待機しているのですが、
   今のところノーペナです。

   お互い気を付けましょう♪



 
 >黒眼鏡さん

  完全ビギナーズLuckですよ!
  ちょっとデキ過ぎでビビっております。

  しかし、なかなか体力的にはシンドイ釣りです。
  半パン履いて釣りしていたので、僕の太ももはフライドチキン並みの黒さです。

  日中の過ごし方に課題アリです。。。


  
   
  
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。