FC2ブログ

2019年 レイクトローリング開幕戦

2019年05月12日


 昼間は汗ばむほどの陽気につつまれ、このまま夏になりそうな天気ですね。
 
 昨年はカナダからの帰国直後でトローリングに行くことができなかったのですが、
 今年こそは! と意気込んでおりました。

 しかし、色々と準備をするのに時間が掛かり、実際に釣りに行くタイミングを逃していました。

 そして、気が付けば5月!!

 すっかり遅くなりましたが、2019年のトローリング開幕戦に行ってまいりました。

 
 結果は、なかなかいい感じ。

 数にも、サイズにも恵まれ、大満足の一日になりました。

 
 そんな、今年初釣行を、少し準備段階から振り返ります。




 【トローリング準備(ルアー編)】

   カナダから帰国する直前に、日本で試したくて大量に買い込んできた物があります。

   それが、 

   ”Thin spoon” (薄いスプーン)

   別名、”トローリング スプーン” とも呼ばれるのですが、 それがコチラ↓↓↓

   190512_PIC002.jpg

   なんてことは無いのですが、その名のとうり、厚さ0.5㎜の薄っぺらいスプーンです。

   北米のレイクトローリングは、サーモン狙いのスプーンもこのような薄っぺらい金属製のスプーンが
 メジャーです。
   
   この金属のペラペラ・スプーンがなかなかの優れもので、 

   軽い: 慣性抵抗が小さいので、キレッキレの動き!
   安い: ただの簡単プレス品!
   安定: 流石、プレス品。 個体差無し! 高速曳きでも回らない!

   と、3拍子(?)そろった秀逸の品。


   しかし、サーモン用は全長5~6インチとバカでかいので、流石に日本で使えません。
   そこで、日本用に小さいサイズの物をルアーの素材屋さんで購入してきました。

    買い込んできたのは3インチサイズなのですが、5枚入りで6ドルと、とてもリーズナブルな価格。

    ゴールドメッキ、シルバーメッキ、シルバーディンプル、蓄光カラー、カッパー(銅)メッキ

    と、色々な色を大人買い。

    そして、日本に帰ってきてからそれらにひと工夫。

   190512_PIC003.jpg

   ちょっと派手すぎますか!?

   アワビシートも、メルカリで超・お得セットが出ていて、速攻ポチり。
   お安く仕上げることができました。

   
  お得意のプラバンスプーンも作成。
  
  190512_PIC005.jpg

  フックも巻き巻き。

  190512_PIC004.jpg

  フックについては、スイミングフックも色々作ってみたのですが、最近は好みが変わってきました。
  最近は、どちらかというとシングルフックが好みです。

  ダブル(地獄針)にすると、確かに”掛かり”は良いのですが、刺さり易いだけにたまに口の外側に浅く掛かって
 結局身切れでバレることが多いように感じ、カナダではシングルフックを好んで使っていました。

  フックが掛かる際も、糸の張力がフック1本に掛かるほうがフッキング力が上がりますし、
  あと、ダブルフックだとたまにもう一本の針が魚の眼球に。。。  

  ですので、今年のメインはこのスタイルでいこうと色々と用意しました↓↓↓

  190512_PIC006.jpg

  ・ランカートラウト 12号、14号
  ・伊勢尼      12号
  ・チヌ針(赤)    7号

  好みは、チヌ針ですね~


 
 ・

 ・

 ・



 色々と準備で盛り上がってしまいましたが、 こうして釣り具の準備を進め、
 ようやく今週、レイクトローリング開幕戦に臨んできました。




 【レイクトローリング開幕戦】

  家を夜12時くらいに出発し、現地には3時過ぎに到着。
  まだ真っ暗ですが、ボートを降ろしてからしばらく睡眠。

  ・

  ・

  ・

  寝過ごした!

  
 あたりがかなり明るくなってから急いで出港!



  ボートも快調。  天気は超・晴天!

  190512_PIC007.jpg


  開始直後から小さいサイズがポツポツヒット。

  (※ちょっと、今回の記事では釣りの詳細は省きます。詳しくはまた後日)

  
  40cmくらいのイワナもポツポツ。

  190512_PIC008.jpg

   
  
   場の雰囲気、 釣れる魚の層。 
   
   ひとつずつ、何か判ってきた感じ。


   ワカサギの接岸はまだ本格的には始まっていないものの、小さなワンドの奥では多少イワナが湧くようで、
 魚っ気を感じます。 イワナ・サクラ共にかなり岸沿いを意識しているはず。。。


  「根掛かりは、根掛かり回収機で回収できる! めっちゃタイトに攻める!」

  ギリギリ。 超・浅場。

  そして、、、、、

   [広告]

  
  Hitして竿が曲がっても、しばらく見つめているのは、ルアーが根を擦っただえかどうかを
  見極めるためです。 それくらいギリギリを通していました。 


  なかなかの良型なのですが、ランディングネットも、ボガグリップも忘れてしまい、
  鷲掴みランディング(笑)

  
  ちょっと、写真・動画じゃ長細くてスリムな感じに映っているのですが、背中はなかなか逞しい厚みを
 持ったナイス岩魚でした。


  チャチャっと写真を撮ってリリースしたのですが、

  リリースしてからハッっと気が付きました!

  
  「60cm超えてるかどうかは確認しとけばよかった!!」

  
  メジャーも無いので、どうしようも無かったのですが、 逃がしてから後悔。

  ですので、 事後検証ということで、、、↓↓↓ 

  190512_PIC001.jpg

  家に戻ってから、メジャーを当てて、縮尺を合わせ、、、

  尾っぽを真っすぐしたときにどうなる!?

  60cmということでよろしいでしょうか!?


   
  ・

  ・

  ・


 
  帰国後初の日本でのレイクトローリングだったのですが、 やっぱり楽しいですね~

  地形変化とストラクチャーを狙うレイクトローリング。 操船とロッド操作で大忙しですが、
  ハマった時の楽しさは格別でした。


  もうしばらくして、水温が上昇してくると、 地形・ストラクチャーを狙う釣りから、
 水温飛躍層や、湖流変化を狙う釣りに変わると思いますが、 それも楽しみです。

  
  猪苗代、銀山湖、檜原湖、、、、

  色々と行きますよ~  今年は。





  以上!



   

  
   
   
 
  
スポンサーサイト
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR