スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所探検

2012年10月21日







 晴天、秋晴れに恵まれたこの週末。

 いやー マッタリ。↓↓↓

 121021_PIC001.jpg

 
 七輪購入。

 学生の頃からメンテナンスフリーなコイツの性能が大好きでした。
 使用後も、洗う必要無し! 火だけ気を付けてほっときゃOK.

 芝生の上でおしゃれグリル? イヤイヤ。
 我が家のBBQは「七輪」です。
 (焼き鳥ばっかりでしたけどね。)


 土曜はBBQなどイロイロやっていて外出できなかったのですが、「それならご近所」ということで、
夕方に子供を連れて散歩に行ってきました。

 しかし、その散歩。 私には明確な目的がありました。

 
 「前から気になっているあの小川。 なんか居るんとちゃうか??」



 まあ、いつもそんな感じなのです。


 
 で、気になるPOINTに到着。
 流れは止まっており、水深は50cm程度。
 小物釣りにはもってこいです。
 
 ガサガサ、、、


 走る魚影!!!

 121021_PIC002.jpg


 これは、楽しみです。(喜)

 タナゴとかいたらどないしよ!

 










 ・

 ・

 ・






 
 そして、今日。

 例のポイントに向けて出発。

 丁度、子供達の自転車練習にもってこいの距離。


 私は歩き。 子供達は自転車で向かいます。



 6尺の延べ竿に棒浮を付けて、針は秋田狐、、、


 
 
 「キタ!」

 121021_PIC003.jpg

 魚釣りなら長男君より上? 次男君にいきなりHit!


 「おおっ? アブラハヤや!」

 

 紀伊半島、台高山脈付近の渓流ではおなじみの”ドロバエ”
 鬼怒川で一匹も釣ったことがないので、関東にはいないのかと思っていました。
 
 なんか、久しぶりにみると、アブラハヤも立派に見えました。


 
 次は長男君。

 おおっ? きてんで! あげて!!


 121021_PIC004.jpg

 おお~ ナイス オイカワ。

 川底に見える大きな魚影はオイカワだったのか。

 しかし、時おりもう少し大きな魚影が餌の周りで乱舞するのですが、針掛かりには至りません。

 
 Big カワムツ? 

 
 あの手この手で攻めますが、(この時点で私がシッカリ竿握っておりました。)
 掛かるのはオイカワのみ。

 今回は攻略できませんでした。 残念。


 121021_PIC005.jpg

 虫取り、魚釣り、魚観察、自転車にも乗れて、子供が飽きたら直ぐ帰れる。

 ご近所散策、アリですね。


 本格的に寒くなる前に、また行きたいと思います。


 タナゴは居ないかな~


 

 
 

 以上!





スポンサーサイト

2012 夏 Round④

2012年08月29日





 お盆が過ぎて1週間以上経ちますが、、、

 諦めずにUpします。


 この夏最大のFishingイベント「潮岬釣行」です!









【2012年08月16日(木)】
 
 「激闘! 潮岬」



 
 
 PM11:00 三重県某所。


 西は広島、東は栃木。
 大学時代のサークルメンバーが集結。

 
 今回は計5名での潮岬釣行です。
 
 120816_PIC001.jpg
 
 各々、荷物を最低限まで絞ったつもりでこの量!
 
 ちなみにこれで4人分。
 
 車2台に乗り合わせ、200kmのロングドライブ。
 
 本州最南端。「潮岬」を目指します!


 
 途中、エサ屋により、各々ニヤニヤしながらエサを購入。

 120816_PIC002.jpg

 私 : オキアミ1枚、ウタセエビ1袋 (配合エサは持参)

 後輩① : 砂カニ(小さいカニ)30匹

 先輩① : ザリガニ 20匹

 何狙うつもり?

 各々、ニヤニヤ。



 長い道のりも、久し振りの再開に話は盛り上がりあっという間に
 今回お世話になる渡船屋さんに到着。

 私は今回 乗せてもらったから超楽チン。 
 ありがとうございました!


 120816_PIC003.jpg


 運よく、お客さんも少ない様子。

 船頭さんに「5人一緒にのりたいな」とリクエストして出船です!


 120816_PIC004.jpg

 おお~!
 ちょっとウネリ入ってるな~

 でも、釣りにはなりそうです。

 
 どの磯にあげてもらえるかドキドキでしたが、

 
 船頭さん : 「ドウネ、5人いこか!」

 
 やりました! ルアーも底物もできる1級磯です。


 5人無事に上陸!

 

 では早速、、、

 120816_PIC005.jpg

 もうこの時点で幸せ。満足です!




 今回のメンバーは、私以外全員「ルアーでシイラと遊びたい」という考え。 
 ペンペン(小さい)シイラであれば入れ食いだろうと考えて来たようです。

 そして、保険でエサ釣りの用意という感じ。


 
 私も朝イチはルアーでスタート。


 すると、開始してしばらくして後輩君にペンペンシイラがHit!

 しかし、取り込んだところでポロリ。 海に帰ってしまいました。

 シイラが回ってきたようです。



 すると、しばらくして、、、、


 「きた!」


 声がした方を向くと、、、

 120816_PIC006.jpg

 琵琶湖マスター、HD氏の竿がひん曲がっております。

 デカそう!


 魚体が見えて大きさに歓声が上がります。

 ギャフを打って取り込み成功!

 120816_PIC007.jpg

 デカイ!

 「なにかしら1メーターOver、もしくは10kg越え」

 を今期目標にしていたHD氏。 目標達成です!
 おめでとうございます。

 「フライにして食べる!」

 とお持ち帰りになりました。



 

 ・

 ・

 ・


 そのしばらく後で、
 
 ペンシルベイトをジャークしていると、

 「ガポッ!」


 キタッ!


児島 玲子さんのド・Sな追いアワセを真似し、ガッチリフッキング。

120816_PIC008.jpg

(もしかしてメーターOver!?) と一瞬期待しましたが、残念ながらペンペン。
小さいですが、シイラらしいファイトを楽しみながら無事ランディング。

 120816_PIC009.jpg


 もうシイラは満足。
 
 ということで、ひとりエサ釣りの用意を開始しはじめました。

 
 そう、私の今日のメインは、

 「団子ズボ」

 なのです。


 他のメンバーがルアーをキャスティングしている裏で団子をネリネリ。

 120816_PIC010.jpg

 この場所、波を思いっきり被ります。

 体を持っていかれるような横波ではなく、「サッパーン!」の後の厚いシブキが掛かるところ。
 全身ビショ濡れになりながら地味に用意を進めました。


 
 団子ズボとは?

 この釣りは、シンプルだけど、割と奥が深い(と思っている)釣りです。
 
 仕掛けは、ゴツイ磯竿に道糸6号。そして直結でハリス8号(フロロ)、
 その先にはこれまたゴツイ針を結びます。

 「糸の先には針だけ」

 という超シンプルな仕掛け。


 その針にウタセエビ(大きなエビ)を1匹掛けしたあと、
 そのエビを団子に包みます。

 団子の材料は、チヌ団子(砂入り)なのですが、そのままでは磯の荒波で直ぐに割れてしまうので
 オキアミ、グレ用の配合餌を入れて粘りを出します。

 この配合もなかなかコツがいります。
 
 フォール中に割れてもダメ。 海底でなかなか割れないのもNG

 「煙幕を出しながらユックリとフォールし、着底後、ちょっと竿先で吊り上げると割れる」

 が、理想形。



 
 
 団子が用意できたら、いよいよ投入。
 
 水深は7~8m。

 海底にフォールしていく団子の様子を確認しながら、
 更に団子の調整を行います。




 この釣りは3段階。

 
 STEP① : 団子の硬さ調整 & 集魚

 STEP② : 魚の教育
        (何度も団子を投入し、団子を割るとエビが出てくることを教える。)

 STEP③ : アタリを捉えて電撃フッキング!



 
 先輩 : 「どう? 当たる??」

 私  : 「団子の調整は終わりました。現在、教育中です。 そろそろですよ、、、」


  
 と、話を交わします。




 パラッ、 パラッ、 パラッ、、、(フォールに合わせて糸を出す。)

 磯際にしゃがみ込み、海中を見つめます、、、 
 すると、



パラッ、パラッ  ッ! バリバリバリバリバリッ!!!!!!


一気にスプールから糸がひき出されました!

教育を受けた魚が団子を自分で割って食わせエサをひったくったのです!


お尻の穴を思いっきり締め、立ち上がりながら電撃フッキング!!


 ガチン!


 しゃあ!


 120816_PIC011.jpg

 フッキング成功!

 磯際に突っ込む魚を強引に止めます。

 ラインが擦れるくらいであれば、たとえ竿が折れてでも強引に止めた方がマシ!

 と、いうか竿折ってみやがれ! という感じ。

 強気に止めて魚を底から切ります。必死!


 激しく突っ込む魚を何度もいなしながら、魚を浮かせます。

 見えた! 

 「おおっ~! 気持ち悪る!!


 失礼な!

 いいのです! この魚は気持ち悪い方が凄いのです!

 120816_PIC012.jpg

 重い! 太い!

 顔と、歯がこれまたスゴイ、、、

 120816_PIC013.jpg

 不用意に口に指入れたらサクッと切断されそうです。

 なんと、針の掛かり所はオデコでした。

 
 沖縄では「イラブチャー」として食べられていますが、
 シガテラ毒など偏食蓄積系の毒素と、季節的なモノ(?)を恐れ、
 リリースしました。


 その後、一発は掛けた瞬間に切られてしまい、
 さらにその後、強烈な締め込み!

 120816_PIC014.jpg

 これまた食べれない魚(超・臭い)、「イスズミ」
 
 このサイズのイスズミは初めてです。

 皆さんから「キモイ!」とお褒め頂きました。

 写真撮り忘れたのですが、このイスズミ、厚みが凄かったです。
 


 
 
 その後、ウネリが高くなり、船頭さんから退避指示。

 波を受けないところに磯替わりしたのですが、
 魚影無し!

 120816_PIC015.jpg

 私はズーっと寝ていました。
 
 フナ虫に背中をかじられ超不快でしたが、爆睡。


 そんな中、先輩2名は時合を逃がさずシイラをGet!

 120816_PIC016.jpg

 粘り勝ち! スゴイ!



 
 そして、PM3:00、STOP Fishing。

 120816_PIC017.jpg

 丁度1年振りの潮岬、もっとバカでかいヤツがいるのは確実なので、また挑戦したいと思います。










 ・


 ・


 ・




 これで終わりと思いきや、
 渡船屋さんで水浴びしてスッキリしたあと、「イカ釣り」へ。

 120816_PIC018.jpg

 学生の頃も磯釣りの帰りに良く行ってたな~ と懐かしみながらエギをシャクリます。

 今のシーズンは、秋の新子狙い。

 2投目くらいでHit!

 120816_PIC019.jpg

 思っていたよりアタリは多く、みんなポロポロと釣り上げることができました。
 まだまだ小さいのでほとんどリリース。
 
 10~11月が狙いどきでしょう。



 夕暮れの涼しい時間帯。チョイ投げでしたが楽しむことができました。




 
 ・

 ・

 ・


 この後、用事がある先輩1名は帰宅。

 残り4名で車中泊。

 
 男4人が半乾きの磯道具と共に密室で一晩。。。

 窓を開けようにも、

 「蚊に刺される位なら暑い方がマシ!」

 という先輩の意見に押され、完全密室で夜を明かしたのでした。


 朝起きたら車内の内側が結露してましたぜ、、、

 

 こんな「シンド面白い」を共に楽しめる仲間がいて最高でした! 



 

 ・


 ・


 ・





 ~ Round④ 完 ~






 翌朝はお土産Fishng。

 Round⑤に続きます。


 

 以上!



 





 

 
 
 







 
 
 

 


 

  

 

 

磯の上で忘年会

2012年01月04日




 
 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い致します。


 昨日、実家からようやく自宅に戻ってきてホッとしております。
 年末・年始となにかと慌ただしかったのですが、ようやく落ち着いてきました。


 落ち着いてきたところでブログUpしたいと思います。
 
 年末に、大学の釣りサークルの忘年会に参加してきたのでその様子を、、、
 






 【2011年12月30~31日】AM5:30~


 まずはお礼から、、、
 
 人数・磯割りなど取り仕切ってくれた もっく氏。

 びっくりするほどのレクリエーショングッズで磯の上・宴会場を盛り立ててくれた かっちょ氏

 その他大勢のメンバー諸氏。 
 
 ホント釣り道具もろくに持たずの飛び入り参加なのに、楽しい時間を共有してもらいありがとう!

 いや~ 癒されましたわ~







 ・

 ・

 ・


「俺、やっぱ行くわ。」

あまりにも無計画な前日の参加表明をして栃木の自宅を出発。
一路、三重県を目指します。 


・サークルメンバーで年末釣行する

・その夜は、漁港側の小屋(?)で泊まるらしい


 その程度しか把握しておらず、詳しい内容・参加メンバーなどは知らないまま
待ち合わせの釣り餌屋に到着。


「ええぇ!? 17人?」 

 想像以上。 サークルOBと現役生合わせて17名で磯釣り。
 
 そんなに磯釣りメンバー増えてたの? 

 自分が学生の頃は、磯釣りなんてホント少数派だったのに、、、



 漁港に到着してメンバーが揃う。
 
 現役生は3名。 あとはOB。 
 
 年齢は20歳~33歳。 おおっ!? 私が一番年上でした。

 
 初対面のメンバーと挨拶を交わし、船に乗り込みます。
 
 120104_PIC001.jpg

 みんなスゴイ。
 
 なにが凄いか? 
 
 格好が。 みんなバシッと「Gamakatsu」です。
 
 私が一番ふざけた格好してました。
 磯ブーツは実家なので、ウエダーにライジャケ。 防寒ジャンパーも登山用。

 しかも、持って来た釣り道具は「竿とリール」のみ。

 足りない物は貸してな~ みたいなメチャクチャ軽いノリです。
 申し訳ない。



 120104_PIC002.jpg

 
 さずがに17名乗れるような磯は無いので、半分に分かれます。

 磯渡しも大変。
 
 釣り道具の他に、BBQ用の道具がいっぱいあり、荷物が多い!
 クーラーの中にもビールが一杯。重い!

 

 メンバーを半分降ろした後、私も磯に上がります。


 120104_PIC003.jpg


 あら? この磯、OBだけやわ~ 
 
 となると、やはり、、、

120104_PIC004.jpg

 もう、なにより先に「乾杯~!」


 その後も磯の上で皆がせわしなく動き回ります!

 120104_PIC005.jpg

 ええぇ~ 殻付き牡蠣やんか! 誰が持ってきたん?

 準備良過ぎ。 準備も速い速い!

 120104_PIC006.jpg

 
 仕掛けを張る前に、牡蠣が蒸し上がりました。 

 ウマ~ 

 
 釣りを始めても、

「ソーセージどうですか?」

「イワシ、焼けましたよ。」

「そろそろ鍋準備します?」

 


 ・

 ・

 おお~ スゴイな。
 今日は忘年会やからええか!

 ということで、磯の上の宴会を楽しみます。

 120104_PIC007.jpg

 鍋を食べたり、焚火にあたったりと、完全にまったりメイン。
 
 たまに竿を出しますが、全然釣れません。 まあエエか。


 アオリイカ狙いで持ってきたアジも、弱ってきたら〆られてお刺身として
 振る舞われます。


 

 そんなワイワイやっているなか、、、

 後輩がイカ狙いでアジをブッコんでいた竿にアタリが出ます。

 「おおっ~ 来てる! 付いてる!」 

 
 「磯に貼りつかれたかもしれません!」

 なんて、大騒ぎしてましたが、、、


 120104_PIC008.jpg


 ウツボでした。



 大笑いのネタとして楽しめました。

 
 焚火の側でうたた寝したり、ビールを飲んだり、、、
 すっかりと釣りをすることをやめてしまい、まったり。
 
 渡船磯でこんなマッタリするのはホントに年に一回の贅沢です。


 
 しかし、終盤ギリギリになって一人、やってくれました。
 
 「いや~ 楽しかった! 魚は釣れへんかったけど面白かったな!」

 と丸く収まりつつあるその状況で、、、

 120104_PIC009.jpg

 おい! キミが釣るとこっちが悔しくなるやろ!  でもおめでとう。


 
 午後2:00 納竿です。

 楽しかった~



 


 ・

 ・
 
 ・

 
 港に帰った後、夜の部に突入。

 港のすぐ横にあるロッジで忘年会(夜の部)スタート。

 
 120104_PIC015.jpg

 宴会部長の完璧なる装備と指揮のもと、次々と宴会準備が進みます。
 いや~ 完全にお客様でホント申し訳ない!

 
 七輪で「蒸し牡蠣」 「焼き鳥」 自由自在。

 120104_PIC010.jpg


 更に、渡船の船長のご厚意で「しし鍋」!

 120104_PIC011.jpg

 「ええ~! こんなに食べられるか~!?」

 など、最初は言ってたけど、ペロッと頂きました。

 うっまウマでした。 感謝! 




 その日の夜は、晩くまで飲んで騒いで楽しい時間を過ごしました。
 
 
 120104_PIC012.jpg







 ・

 ・

 ・

 あくる朝。

 7割くらいのメンバーが今日も磯釣りに出発。
 
 
 後から釣果を聞いたところ、1名だけフカセ釣りなのにとんでもない物を釣ってしまったらしい。
 いや~ スゴイよ。
 あの口の何処にどうやってグレ針が掛かっていたのかぜひ教えてほしいです。
 (詳しくは下記URLで!)
   http://linebreak1989.seesaa.net/article/243820186.html




  ホント、楽しかったです。
  ぜひ、来年もやりましょう。

  次回は私も張りきってレクリエーションGoodsを持ち込みます!



 
 
 









~年末・年始~ 

 実家に戻ってからはまったりとお正月を迎えました。

 毎年、奈良の大仏に初詣に行くのですが、今年は時間が無くて断念。
 甘酒とおしるこを楽しめなかったのが心残りです。

 
 その他は普段どうりの正月となりました。


 お盆・正月、年に2回のバイクのエンジン掛けも完了。
 (ナンバーをきって、実家で動態保存中。)

 クラッチも切れて、エンジンも快調でした。

 今年は長男にアクセルを開くように指示。
 おっかなビックリしながらも興味深々の様子でした。

 120104_PIC013.jpg

  2stバイクなんて15年後には「公害対策○○△△法」なんかができて、走らせていたら
 捕まってしまうのかもしれませんが、それまでは置いとこうと思います。
  


 ・

 ・

 ・ 

 そして、昨日深夜に栃木の自宅に帰宅。

 持ち帰った荷物は、、、

 120104_PIC014.jpg

 また色々持って帰ってしもた~。

 後輩から譲り受けた4馬力エンジンは、想像していたよりも状態は良く、
 なんとかなりそうです。

 圧縮はあるし、スターターロープは引けるし。
 キャブはNGっぽいのでO/Hかな?
 あとはインペラ類の損傷が無ければOKでしょう!
 

 解禁まであと3か月! 

「徐々に進めて~」なんて言っている場合じゃなくなってきました!
 
 ヤバイ! 急ぎます。




 今年もよろしくお願いします!

 以上!


 

ボートでキス釣り

2011年08月26日







なに? 8月も終わりだよ? と言われそうですが、お盆休みネタです。

いやいや、お盆明けから色々仕事も忙しく、やっと峠を越えたのですが、
昨日は鬼怒川の釣りで相変わらず忙しかったので、、、

ぜんぜんタイムリーではありませんが、ご了承ください!









【2011年08月14日】



前記事でご紹介した、潮岬での磯釣りの後、三重県津市までとんぼ帰り。

その夜は駐車場にて車中泊、、、 Z z z z!











ドンッ、ドンッ! 


うっ うーん? なに? また職務質問?
(↑ 最近は減りましたが昔は良く、、、)


「おい! 行くぞ!」



うっ、、 ううぅ~ん。

正直、もうちょっと寝たい。。。


でも奈良の実家から父親が到着。

AM4:00

容赦なく叩き起こされ、再度、国道42号を南下。




5時間前に見た風景。。。  紀伊長島まで逆戻り。




途中、エサ屋で石ゴカイ、氷を購入してAM7:00にボート屋到着。


本日はのんびり手漕ぎボートでキス釣りです。


110814_PIC001.jpg


天気もエエし、波気も無いし!


でも、魚っ気もあまり、、、

まあ、夏はこんなもんです。



5月末~6月は、産卵でキスも集団で群れるし、型も25cmを超えるサイズが混じりますが、
8月になると、極浅場(波打ち際)もしくは結構な深場に移り、群れも小さくなります。



アンカーを打たずに流し釣り。 当たった所でアンカーを打って狙い撃ち。

ポツポツと掛り始めます。

ポイントは深いな~

110814_PIC002.jpg

父親も、

「渋いわ~」

など言いながらも楽しそう。



夏のキス釣りは外道がいっぱい。

110814_PIC004.jpg

キスが当たらないポイントではコレ。




その他、

「おおっ? えらい叩くで? ええサイズ?」

という時はコレ↓

110814_PIC005.jpg

3年経ってから出直してほしいです。




その他、外道は一杯釣れました。
ガッチョ(メゴチ)/ アジ / ムロアジ / ハゼ / サバ


サバはカゴ付けてサビキ釣りすれば一杯釣れますが、
夏のサバは、

「サバの生き腐り」

という、真に頷ける言葉があるようにちょっと危険なので、遠慮しました。。。

過去に当たった後輩もいますので。。。




キスを探し、ポイントを転々と移動。

110814_PIC003.jpg

一番いいサイズでコレ。

平均は18cmくらい。




PM1:00で釣り終了。

キスのみキープし、2人で30匹の釣果でした。









この日は三重県津市まで帰宅。

魚は津市の後輩(の嫁さん)宅にプレゼント。



我々はビジネスホテルで宿泊です。




久々のベッドでの睡眠。

ああ~ やっと背中を伸ばして寝れる!











以上!






次の日は嫁様・子供達と合流。

この夏の(家庭的)最大イベント。夏旅行へ出発です。




潮岬で磯釣り!

2011年08月20日










【2011年08月13日】



この夏休み、(釣りの)最大イベント、潮岬釣行


学生の頃は、秋から冬の青物シーズンには毎週のように通った潮岬も、
栃木に引っ越してからは夏休み・年に一回のイベントになってしまいました、、、



夏に、美味しい魚は釣れません、、、 

でも、潮岬には竿をブチ曲げてくれる魚が黒潮に乗っていっぱいやってきます。↓


110813_PIC004.jpg
(注:これは、昨年釣ったやつです。ゴメンなさい。 瞬間的にトンデモナイ顔をしていたため、消去いたしました。酷過ぎますので、、、)




本命の魚は「青ブダイ」

沖縄では「イラブチャー」という名称で親しまれ、食用とされていますが、

・季節によっては”あたる”(下痢)

・魚の食べている物によっては”あたる”(下痢) ← 食性偏行、海域による


など、危険な香りのする魚なので、基本的にはリリースです。






では、なぜ私がこの青ブダイにこだわるのか?

それは数年前、とんでも無いサイズの青ブダイのウロコを掛けてしまったからです。


その時は、魚の活性が高く、60~70cm程度のブダイを数匹釣っていました。

その際、豪快な当たりを合わせたところ、針に掛かってきたのは巨大なウロコ


60cm級のウロコを拝借してサイズ比較しましたが、大きさは約3倍。。。


青ブダイの老魚だと思います。

ナポレオンフィッシュみたいな大きさかも、、、


それ以降、どうせ夏磯なんてロクな魚釣れないよ!ということで、
真剣に青ブダイを狙おうと頑張っている訳です。












話がそれましたが、、、

青ブダイに限らず、巨大魚が回ってくる磯、「潮岬」

こんな所です。↓


110810_PIC002.jpg


四国沖を流れる黒潮本流と、紀伊水道を抜ける潮流がブチ当たる磯。

黒潮に乗って南国の魚がやってきます。
たまに、沖縄で釣れる「アオチビキ」なんかも釣れます。
その他、南国系の巨大フグなども、、、 



いつもは、大学のサークル仲間3~4人で一緒に来るのですが、今年は微妙に日程が合わずに1人での釣行。

残念! でも、1人でも行きます!

名古屋から潮岬まで走ります。 長距離運転ですが、懐かしい風景を楽しみながら運転。
明日の釣果に期待し、テンションUp!




潮岬にAM4:00到着。

出船はAM5:15。


道具を準備して出船まで待機します。


高台から磯をみると、、、


110813_PIC001.jpg

おおっ~ 下り潮 バンバンやで~

丁度、満潮の潮止まりの時間ですが、そんなことお構いなしにバンバン流れています。
(写真の磯から左側に伸びるのは潮流による渦です。)


期待に胸膨らませて出船!


110813_PIC002.jpg


おおっ~ 流れとる、流れとる。


110813_PIC003.jpg

海というより川です。





今日は釣り人も多く、全員良い磯に乗ろうと血走っています。

あまり込み入った状態で釣りはしたくないので、空いている磯へ、、、


上った磯は 「ナカシマ」という磯。


潮のアタリ方は微妙ですが、まあ、ええか。












朝イチバンはルアーで青物を狙います。

ワラサやキハダマグロが回っているらしい、、、
でもその情報は2週間ほど前、、、


2週間続くナブラはありません!


ポッパーからメタルジグまで大遠投。 シャクリまくりましたが、なんにも。

巨大なダツが追ってきただけ。。。


12ftの長竿でショアジギングは体力・腕力的に厳しい! 10ftがほしいい、、、


110813_PIC008.jpg








十分過ぎるほど準備運動をしたので、続いて本命のブダイ狙い。

タックルは、

・竿 : 磯竿5号(投げ竿並みの硬さ)

・リール : 4000番に道糸8号

・ハリス : フロロ12号

・針 : PE真鯛14号

・エサ : ウタセエビ(大)


110813_PIC005.jpg


仕掛けは、道糸とハリスを直結。 ハリスの先にはハリとエサのみという形が基本。

今日は、ハリ手前50cmの所に撒餌カゴを付け、そこにオキアミを詰めます。

通称、「カゴズボ」 カゴ付きのズボ釣りです。


上物師、底物師、ルアーマンはいても、渡船磯でズボ釣りしている人はあまりいません。

どちらかというと、あまり恰好良く無い釣りなので、、、


でも、理屈・効率からすると、磯際の魚を狙うにはもってこいの釣り方で、私は大好きです。






釣り方は、磯際にドボンとエサを投入し、6~8m底まで落とし込みます。

しばらく放置し、カゴのエサで魚を集めます。


そして、頃合いを見て竿をシャクリ、カゴの中に摘めたウタセエビ(付けエサ)を解放、
海底を漂わせます。

その瞬間が一番スリリング。 アタリはモロに竿先に出ます。

磯際にしゃがみこみ、漂うエビを咥える瞬間を待ちます。


アタリが出たら、お尻の穴を目一杯締め、一気に立ち上がりながらフッキング!


アワセのイメージは、「グッ」とか、「ビシッ」では無く、

ガチンッ!

です。




ううーん。

でもイマイチ。


110813_PIC007.jpg

なぜこんなデカいハリに食い付けるのか、、、



110813_PIC009.jpg

挫けそうになりながらも、打ち込みます。



釣れるのは、同じブダイ系の「イガミ」ばかり。 サイズは小さく、イマイチ。

110813_PIC006.jpg


ダメだ、、、



AM9:00頃に磯換わり。


次は、「コデシマ」という磯。


名礁「ドウネ」と「アシカ」 の間を流れる水道が入ってくる場所。

潮流れは良いのですが、ちょっと違う!? というポイント。


でも、磯際にエサを落とすと、とてつもなくデカイ魚がフラッ、ユラッ っと、エサを漁りに来るのが見えます。

本命でしょう。



ズボ釣り開始。


最初は熱帯魚ばかり釣れましたが、だんだん小物のアタリが減ってきました。

デカい魚が寄って着た感じ、、、



と思っていたら、、、




グッ グュュュューーーー! 


ブッン!



豪快に合わせましたが、竿が水平まで立つことなく伸され、ブツン。

足元のハエ根で擦れて切られてしまいました、、、




デカいなー 


でも、これはデカすぎるなー



この後、同サイズと思われるアタリが2回ありましたが、どちらも一瞬で切られて終了。

その他は熱帯魚のみで、中間サイズが釣れること無く終了。


来年はクエ釣りタックルを持って来るか、、、、


残念。 完敗。 力負けしました。





ズボ釣りを諦め、当初やるつもりは無かったフカセ釣りに変更。


目の前を流れる潮に浮グレが集団で付いており、グレは入れ食い。
110813_PIC010.jpg

でも、このサイズのみ。


上手い人は、撒餌で小さい魚と大きい魚を分離して大きいグレを釣るのだと思うのですが、
私にそんなテクはありません。

分離しようと磯際にコッパを寄せますが、釣れてくるのは同じサイズ。

更に、エサを撒けば撒くほどコッパが群がり、どこのポイントでもコッパのみになってしまいました。。。



終了。






それにしても熱い!

日陰の無い磯。磯からの照り返し。 吹き出す汗、こびり付く潮しぶき。

無風の夏磯は灼熱地獄です。


持って着た水を頭からかぶりながらの釣り。

水分も4L持ち込みましたが、、、 下手すりゃ足りません。

これはヤバイかも。。。 


と思っていましたが、

午後になって若干ですが風が吹くようになると、一気に楽になりました。 助かった。。。




午後になって、「ドウネ」の沖にシイラが回遊してきた様子。 

ルアーマンが掛けています。 楽しそう。


でも、これが渡船磯の厳しいところで、僅か150m沖の磯で爆釣していても、
自分の磯にその潮が入ってこなければ釣れません。


結局、自分の届くところにシイラは回遊することなく終了。



110813_PIC011.jpg


ラスト1時間は、1人宴会&フテ寝を決め込みました!



110813_PIC012.jpg


まあ、大した魚は釣れず、終了。


でも、ブチっと切られただけエエか! 次回への課題です。












潮岬からの帰路。 

熊野市の七里御浜に寄りました。

110813_PIC015.jpg

波が高く、波打ち際の掘り下がっているこの浜は遊泳禁止。

夏なのに、閑散。


でも綺麗やわ~

一番好きな海岸です。



この七里御浜も、

「デカいタマミが釣れる」

なんて言って、通った頃がありました。

デカいアタリもありました。

でも、おそらく、ドチサメか、エイでしょう。。。


でも、ワクワクしながら通った頃が懐かしいです。





思い出に浸りながら海岸線を北上し、途中 紀伊長島で後輩と待ち合わせて晩ゴハン。

110813_PIC014.jpg

この後輩、次の日に潮岬に行くとのことで、1日入れ違い。


「潮回りが重要! 意地でもドウネに上がらなあかんで!」
とだけアドバイス。

(後日、釣果を聞いたところ、シイラだけですが、山のように釣れた様子。 運動にはなったとのことです。)


おいしい 「鶏の網焼き」 を食べながら、釣り話で盛り上がりました。















PM11:00

三重県津市に到着。

車中泊。




5時間後、AM4:00に、実家の父と待ち合わせ。

次は紀伊長島でボート釣りです。


まだまだ頑張りますよ~





以上!





ボート釣りの結果は、後日!








プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。