スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 ラスト鬼怒川!

2012年09月17日





 この週末の釣行が私の今年度 最後の鬼怒川釣行となりました。


 昨年秋と今年5月の大増水ですっかり川は浅くなり、
 その後、追い打ちをかけるように渇水続き。

 数の出せない厳しいシーズンでした。


 シーズン始めの戻りヤマメは好調だったようなのですが、
 位置をキッチリ掴めないままシーズンが過ぎ、
 (トローリングに没頭していた!?)
 マズイぞこれは!とちょっと焦り気味でした。 

 しかし、終盤に掛けては危なっかしくも釣果をつなぐことができていました。



 さあ、いよいよ今期ラスト。


 土・日・月 朝イチ3連チャンで全力投球してまいりました!
 
 
 いつもどうり、グダグダ長いですが、お付き合いください!





 【2012年09月15日(土)】AM4:40~9:30(釣りした時間)


 
 今日の作戦は。

 「確実に魚がいる場所で粘って粘って1匹作戦」

 なんじゃそら!?
 
 と言われそうですが、ポイントまで明かすと、

 「超ハイプレッシャーだろうけど、”芝付き”で粘る!」

 という、単純作戦です。


 120917_PIC001.jpg

 
 夜明けを待つあいだ、ズーっと水面を眺めていると、デカいのが跳ねています。
 
 やっぱりいる! でもスレきってて全く反応しない、、、


 120917_PIC002.jpg


 その後、エサで粘るも全くアタリ無し!

 
 大谷合流から釣り下ってきたK-G/Lさんに出会い、釣果を尋ねましたが全くダメとのこと。

 やっぱり厳しいぞ、、、


 かなりの時間を費やしましたが、一度も当たらず移動を決意。




 ・

 ・

 ・

 
 1ヶ所局部攻め!

 120917_PIC003.jpg

 放水口に魚は着いてる!?


 ・・・・ ダメ!


 またまた速攻移動。

 
 その後、2ヶ所まわるものの、先行者が入っている状況。

 

 そこで、渓相がイマイチでも人が入っていない所を狙おうと考えました。
 
 佐貫堰堤より上流は、どこもかしこも満員御礼。
 一方、堰堤より下流は水も一気に細るので不人気。人はグッと減ります。

 そんな減水エリアにも、魚が溜まるであろうポイントがあり、そこに向かいました。

 120917_PIC004.jpg

 (今週末、隙あらばレイクトローリングに行こうと思っていましたので、移動はこの姿。ジロジロ見られて
  恥ずかしかったです。)


 ポイントはコチラ。

 120917_PIC005.jpg

 チョロ流れなのですが、このポイントの下流500mはもっと面白く無いぺローンとした流れ。
 そして、上流はこれまたぺローンとした止水池。

 魚はこんな小さいポイントでも溜まるはず!


 エサ釣で丁寧に、、、 2流し目、、、、


 ズズン!

 しゃああ!


 大喜び

 120917_PIC006.jpg

 これ1匹のみでしたが、狙って釣れた1匹に満足。

 この日はこれで終了!









  【2012年09月16日(日)】AM4:40~6:30(釣りした時間)


 前日のオイシイ思いをもう一度!
 とにかく人のプレッシャーが薄いエリアに入ろうと、佐貫地区からガラッと
 ポイント替え。

 この時期、ヤマメ狙いの人がほとんど入らない岡本堰堤下流を狙うことにしました。


 しかし、、、


 120917_PIC007.jpg

 しまったな~ 違うな~。

 写真では良さそうに見えるかもしれませんが、流れがササーっと表面を通り抜け、
 魚が着かない感じ。

 大失敗でした。

 
 
 その日は、直ぐに諦めて帰宅。

 
 子供の幼稚園の同級生一家と一緒に、井頭公園に行きました。
 
 「ザリガニ釣りに連れて行って!」
 
 と友達君にせがまれ、なんだか悪く無い気分♪

 
 よっしゃ、まかしとき!


 120917_PIC008.jpg

 ちょっと教えたらメキメキ上達。 子供4人でザリガニ祭りです。

 120917_PIC009.jpg

 満員御礼で何度も放流しましたが、直ぐに一杯(15匹くらい)。

 バケツ4杯分くらい釣ったのでは?


 一方、私はこちらに夢中。

 120917_PIC010.jpg

 「スゲー」 「スゲー」と、
 一人大はしゃぎしていたのですが、

 嫁様に「ゴキブリみたい。気持ち悪い。」

 と言われる始末。

 同級生君のパパ&ママもドン引きでした(汗)。



 こんな感じで日曜日も終了。
 ザリガニはスレ知らず! 楽しかったですよ!








  【2012年09月17日(日)】AM4:40~8:00(釣りした時間)



 おおおっ~ 恵みの雨や!


 どこに入るか迷っていたのですが、これで決心がつきました。


 ”芝付き”一本勝負!

 増水によりプレッシャーが緩んだ所を狙えると想定しての決断です。



 運良く、一番乗り!

 良い感じで雨が降っています。

 期待でワクワクしながら準備!

 
 すると、、、


 「あっ。。。 カッパ忘れた。」
 

 ありがち。
 仕方なく、車に積んであったペロペロのビニールヤッケを着てポイントに向かいました。
 あっという間に染み込んで上半身ビショビショ。寒い!



 120917_PIC011.jpg


 増水はいい感じ!

 今日でラストなので今日は色々と写真を撮ってみました。

 120917_PIC012.jpg

 どうですか! この”本流釣り View” 増水した流れがタマラン感じですよね。

 でも、予想に反してシブシブです!

 本流餌で釣れたのはコチラのみ。

 120917_PIC013.jpg

 でも、嬉しです。 
 例年、お盆過ぎには新子サイズが一杯釣れていたのに、今年はサッパリ見掛けなかったので
 
 「もしかして、大増水で流されちゃったか???」

 とずっと不安だったのですが、ちゃんと生存が確認できました。


 
 この後、ルアーにスイッチ。
 ドンドン増水してきて濁りも入ったため、アピール&遠投性重視。

 またまた写真。
 (ちゃんと真剣に釣りしてますよ~)

 120917_PIC014.jpg

 狙いは、普段全く反応しないプールに溜まった魚です。
 増水をきっけにスイッチが入っていれば、、、



 ゴゴッ!

 
 うおっっ!?

 ビックリしました。 着水直ぐのHit!

 
 嬉しさよりも、バレるなよ~ と焦る気持ちの方が強くてドキドキ。

 魚の口元を目視確認!

 
 ヤバっ! フック一本しか掛かっていない!

 
 心臓バクバクしながらも慎重にやり取りして無事にネットイン。

120917_PIC015.jpg

 よかった~

 
 気が張っていたのが解けて
 ヘロヘロでした。


 この1匹で満足。

 なんとか最後に1匹釣ってシーズンを終えることがきでました。



 



 ・

 ・

 ・


 これで今シーズンの鬼怒川は終了。
 
 残念ながら40Upの鬼ヤマメには手が届きませんでしたが、
 それは来年度への宿題にしたいと思います。
 
 本流竿で「ズズン!」
 ルアーで「ゴゴッ!」

 今年も大興奮させてくれた鬼怒川に感謝!

 
 また、毎週の鬼怒川通いに半ば諦め気味ではあるものの釣りに行かせてくれる嫁様に感謝。
 
 そして、AM3:00 夢遊病のようにフラフラと鬼怒川に向かう父親に、「釣れたの!?」
 と笑顔で聞いてくれる子供達に感謝です。
 来年は、オイカワでも釣りますか。

 
 あと、釣り場で声を掛けて下さった方々も、ありがとうございました。
 いつも安っぽい麦ワラ某帽子をかぶっているのでまた見掛けたら声を掛けてくださいね。

 
 最後になりますが、いつも当ブログに書き込みして下さっている方々! 
 シーズンオフも情報交換よろしくお願いします。
 来シーズンに向け、準備すべき物は山盛りです。色々アドバイスくださいね! 
 
 120917_PIC016.jpg






 



 ・

 ・

 ・
  
 
 あれ?

 鬼怒川は9/19までだけど、
 
 湖やその他渓流は9/末までだ。。。

 さあ、どうするか!?




 


 



スポンサーサイト

秋の鬼怒川 「ゼロ」 か 「イチ」

2012年09月09日






 おひさひしぶりです。

 先週金曜日は、会社の飲み会で土曜は釣り行けず。
 日曜日も色々と用事があり、釣りに行けず。
 でも、よくよく考えたら、
 「今シーズン初の”釣り無し週末”」 でした。
 

 「どんだけ釣り行ってんねん」って感じですね。(汗)


 



 それでも、土曜日の飲み会の場で、釣り好きのK-G/Lさんに、

 「鬼怒川まで代行運転頼みますか!」

 なんて半分本気で言っていた自分が怖いです。。。 反省。



 
 ・

 ・

 ・

 はいっ! 反省しました!

 で、今週は金曜日にササッと健全帰宅。

 家族に迷惑掛けない(つもりの)短時間釣行 2発です。




 秋の鬼怒川。

 昨年はこの時期になかなか尺を超えるサイズに出会えず、苦戦していました。
 

 
 正直、釣り場に向かう車の中では、
 
 「今回こそ、ボウズかも、、、」

 と弱気になっちゃうほどの難しい季節です。


 
 と、いうことでここ最近常に考えている弱気な心情こそが今回の題名、
 
 ” 秋の鬼怒川 「ゼロ」「イチ」 




さあ、 結果はどうだったのでしょうか、、、、



 










【2012年09月08日(土)】AM4:40~7:00(釣りした時間)


 夜が明けるのもすっかり遅くなりましたね。

 1週空くと、その変化にまず驚きます。


 鬼怒川の畔に着いたのがAM4:00まだまだ真っ暗でした、、、


 
 真っ暗ですが河原で涼みたく、準備をして水辺に向かいました。
 
 昨年までは、流石に暗い川辺は怖かったのですが、なんか最近全くへっちゃらですね~
 遂に、一本切れてしまったのかもしれません。

 空が白けてくるまでの間、ボーっと今日の釣りの事を考えていました。

 「魚はいる。でもスレている。 「ゼロ」 か 「イチ」か、、、」


 120908_PIC002.jpg

 徐々に明るくなり、目的のポイントの流れが見えてきます。

 その流れが見えたら、また緊張。

 ・何処から手をつけたら良いのか、、、

 ・どのタイミングでキャストを始めるか、、、


 前にも書きましたが、私はあまり暗いうちから投げるのは好きではありません。
 
 魚がしっかりと視認できないのにルアーを通しても、プレッシャーを掛けるだけだと
 思うのです。

 特に、スレたヤマメが相手の秋。 手を出すタイミングがとても重要だと思うのです。

 
 120908_PIC001.jpg

 ベストなのは、ヤマメが流れの上流向いてゆったりと鼻を出してライズを繰り返すような時に、、、

 まあ、この時期そんなのありませんワ。 


 
 
 気持ちは一撃必殺。

 でも、そんな上手くはいかないわけで、1投ごとに間隔を空け、
 プレッシャーを掛けないように精一杯気を使います。

 
 ポイントを休めるためにお茶を飲んで一休み。

 そして、次の一投、、、



 ゴゴッ!!



 キタ! これはデカイやろ!



 いつものヘロヘロRod。 流芯で掛けたので水圧も加わり竿は大きく曲がります。


 突っ込む魚に対し、リール逆回転で追従し対応。

 口元にガッチリフッキングしているのを確認し、ようやく余裕がでました。


 存分に弱らせてランディング。

 
 120908_PIC003.jpg

 嬉しい! 

 ここ3度の釣行で、幸運にも35cmを超えるサイズが続いているので、
「出来すぎやろ~」とニヤニヤしながらフックを外します。

 
 背中もどうぞ。

 120908_PIC004.jpg

 口元は黒ずみイカツク、尾びれは白ピンクになっており、
 秋の気配を感じるヤマメでした。



 これで満足。

 後はポイントも残っていないので、ササーっと流して川から上がりました。


 120908_PIC005.jpg


 子供達との朝食に合わせて帰り、その後 子供達と「壬生こどもの王国」に行ったりと、
 長い一日を満喫できました。








 

 【2012年09月09日(日)】PM4:30~5:40(釣りした時間)



 朝、AM3:00に目は覚めたのですが、なんか胃の調子がイマイチ。

 前の日に食べた「特濃・つけ麺」がよろしくなかった気がします。
 怖いもの食べたさ? 
 「あっさり」を選ぶこともできたのですが、なんか負けた気がするもんで、、、



 よって、朝からは子供達と「仮面ライダー」鑑賞。

 そして、その後ずーっと「仮面ライダー工作」。。。


 
 「夕方だけは釣りに行かせて!」



 の願いが叶い、車に飛び乗り出発!


 
 向かったのは、佐貫堰堤上の超・有名ポイント。


 人が入っているのは百も承知。

 
 夕方、一瞬緩むであろうタイミングに1本釣ることに集中です。


 
 本命は、「本流餌釣り」


 120908_PIC006.jpg

 でも、魚があまりにも遠かったらルアーで、、、 という欲張りスタイル。




 広いトロ場に胸まで浸かり、流芯の向こうを狙います。
 竿も、50cmでも長い方が良いので、「琥珀本流95NK」
 腕が攣りそうになりながらもめい一杯遠く、流れの向こうを流し続けます。

 
 このエリア、ルアーはバンバン通されていると思うのですが、エサ釣りでのこの筋を
流せる人はそういないはず! 





 
 ココで掛けたら相当カッコええで~


 なんとも邪(ヨコシマ)な気持ちで打ち返すこと数投、、、


 

 ググンッ!


 キタ!


 一度竿を立てたものの、下流に走られアワワっ。

 思いっきり焦りながら魚について下ります!

 
 「ああっ 俺、ヘタクソ!」

 魚を掛けたまでは良いものの、その後の取り込みは全くの素人さんでした。反省。


 でも、、、


 120908_PIC007.jpg


 尺は楽に超えたでしょう!

 今期、本流餌釣りではイイとこ無しだったのですが、久々の1本でした。

 
 その後も続けるも、アタリはこの1回のみでした。




 でも、満足。
 なんか、 出来過ぎ。

 そのうち大きくサゲるでしょう(笑)


 
 でも、薄氷の上を歩くような厳しい釣り。「ゼロ」 か 「イチ」

次回こそは、ボウズでしょうか!?




 禁漁まであと僅か、

 残りの期間も頑張ります。

 
 トローリングもあと1回行きたいです!





 
 以上!






 
 

鬼怒川 べっぴん山女魚

2012年08月25日








 夏休みの日記も途中ですが、1本フレッシュな記事を挟みます。

 
 昨日朝マズメのみ鬼怒川に行ってきました。
 
 結果は、ヤマメ1匹。

 
 その1匹が、サイズも嬉しいのですが、今年 自分が釣った中で1番のべっぴんさん。

 
 7月に入るとヤマメ達も川鵜、釣り人、寄生虫の猛攻を受けてピンシャンな個体は少なくなるのですが、
 今回釣れた一匹は 「嬉しいな~ 、これは嬉しいな~」 と連呼しちゃうほどの
 美しさでした。

 こりゃ、やめられません!









 

 【2012年08月25日(土)】AM4:30~7:00(釣り時間)




 ・渇水が続く厳しい状況。

 ・すっかり浅くなってしまった鬼怒川。

 ・連日”爛々”と目を光らせヤマメを追う釣り人、、、の山!




 超・Highプレッシャーの鬼怒川にどう切り込むか、、、


 最近ずっと考え込んでおります。(ホントですよ!)



 
 
 鬼怒川に、「マル秘ポイント!」と呼べるような、人が全く手を付けないようなポイントは無いと思います。

 頑張れば全て川通しに歩ける開けた河川。

 そんな状況でどう魚に口を使わせたら良いのか、、、


 
 しかし、今年から始めたトローリングを通じ、1つ確信を得たテクニックがあります。

 それは、、、


 「逆なで」

 

 まあ、「逆なで」と言っても地形取りからリトリーブ、ルアーを結ぶ向きまで、「逆さ」は色々あり、
その組み合わせも多々あるのでしょうが、要は、普通の攻め方でスレきった魚を、

 「ゾクッとさせる」

ことをアレコレやってみようというわけです。

食性に訴えるというよりは、反射食いを誘発させる、、、 みたいな。

(エラそうに講釈垂れてスイマセン!)


でも、連休初日に釣れた良型ヤマメもこの「逆なで」を強く意識した結果でした。

効果あり〼 たぶん。




  ・


  ・


  ・



 大きな「逆なで」と小さな「逆なで」。

 大きな方は”位置取り”です。

 それが効果を発揮できそうなポイントは、上平橋から上流では4~5ヶ所くらいかな?
 (個人的な感想ですが、、、)


 その中から1ヶ所に狙いを絞り、車を走らせたのでした。





  ・


  ・

 
  ・



 夜明けもだいぶと遅くなりましたね。
 
 到着した時にはまだ星が綺麗に出ていました。(汗)

 でも、おかげで美しい朝焼けに包まれながらのStart Fishingとなりました。

 120825_PIC001.jpg
 

 流れは太い。
 
 でも渇水で勢いはちょっと無いかな?という感じ。


 
 ルアーはいつもどうりのロングビルミノー。
 ここは奇を衒ったものではありません。

 しかし、アクションでちょっと特殊な動きを織り込んでいます。
 これが小さい方の「逆なで」。
 
 
 これでどうか!?




 ・

 ・

 ・


 
 流れの上流側では当たらず。

 どんどん下流に降りていきます。



 流れはだいぶとトロくなる場所。
 
 でも、昨シーズン、学んだのです。

 「ヤマメは流れに着く」

 流れがトロくとも、流れの変化があれば魚はいるはず。


 また、「特殊な動き」と言っているアクションは、多少流れが緩い方が際立ちます。

 諦めず、集中してリトリーブさせていると、、、




 ゴゴッ!


 しゃぁ!


 竿を煽ってガッチリ合わせます。

 
 激しいローロング。

 
 足元に寄せてきてからも激しいローリング!
 
 銀色の魚体がギランギラン。


 思いっっきり汗が吹き出しました。



 ランディングで危なっかしい場面もありましたが無事に取り込み成功

 120825_PIC002.jpg

 なんと、メチャメチャべっぴんさん!


 ニヤニヤしていると、丁度その時、、、


「おお~い」


 呼ばれて振り向くと、会社のK-G/Lさん!

魚を見せると一緒に喜んでくれました。


 メジャーを忘れたのですが、K-G/Lさんに測ってもらうことができました。感謝!



マニアックな写真をお見せしますと、、、

120825_PIC004.jpg

ウロコ落ち無し! 

幅広、背中も美しや!


「嬉しいな~ ホントこれは嬉しいですね~」

ばっかり何回も言っていました。

気持ち悪くてスイマセン。





 で、最後に両手持ち写真を撮ってもらいました。
 
 いつも一人なので、両手で持てないんですよね~


 120825_PIC003.jpg


 ゆっくりと元の流れの中に戻って行きました。 メデタシ。



 完全満足したのでそこでStop Fishing!

 朝食に間に合うよう早めに帰宅しました。








 
 ・

 
 ・


 ・





 釣りネタはこれで終わりなのですが、
 最後に食べ物ネタ。

 
 「かき氷」

 食べてきました。


 実は私、相当な甘党。

「アンコ餅をつまみにしてビールが飲めるぜ!」

 という人です。

 家族を誘ってかき氷です。


 今シーズン、納得できる「かき氷」を食していなかったため、
 嫁様の情報をたよりに行ったのが、
 
 「栃木県青年会館 コンセーレ」の中の小さな喫茶店。

 穴場らしいです。


 そして、かき氷!

 120825_PIC005.jpg

 薄く削られたサラサラ氷!

 めちゃウマでした。

 




 
 以上!















 

2012 夏 Round①

 2012年08月22日



 ごぶさたしております。
 お盆休みをはさみ、すっかり更新が滞っておりました。
 当Blogをご贔屓にして頂いている方には申し訳ありません。
 
 休みは休みで大忙し、盆明けの仕事も大忙し。 グッタリしておりました。
 すっかりタイムリーではなくなりましたが、夏の思い出をご紹介したいと思います。

 
 まず、2012 夏休み行動実績がコチラ。

 120811_PIC001.jpg

 昨年の夏休みと計画がほぼ同じ!
 
 でも、今年はRound④、⑤を大学時代のサークルメンバーと一緒に行くことができたので、
 とても楽しかったです。


 
 

 それでは、Round①から、、、

 「ええっ? ①~⑥まで全部記事にするの!? めんどくさいヤツやな~」

 と、思われた方。 クドくとも私の忘備録にお付き合いください。
 サラッとやりますんで。。。












【Round① 2012年08月11日(土)】AM4:00~7:00

 「お盆休み初日。鬼怒川で1発!」







 さあ! 夏休みや~!
 1日たりともダラつく事無かれ!

 テンション最高潮で迎えた初日は、まず鬼怒川で一発狙い。
 嫁様の実家に出発するのは夕方からなので、それまでの時間を有効活用です。

 
 
 ポイントに到着して急いで準備。
 今日こそ本流竿で40Upを! と意気込みエサ釣りからスタート。

 しかし、数投流すもなんか流れに馴染みません。
 ポイントは深い荒瀬。
 
 ササッ~ と仕掛けが流れてしまい、”馴染まず”・”噛みあわない”という感じ。

 120811_PIC002.jpg

 荒瀬をユックリと流すテクもないのですが、、、

 このまま続けてもポイントを荒らすだけと思い、しばし休憩。

 そして、一度車に戻ってタックル変更。

 
 120811_PIC003.jpg

 なんか、ルアーの方が今日はしっくりきました。

 そして、荒瀬を上流側から流していきます。

 ルアーはロングビルミノー(←最近はディープダイビングミノーって言うのですかね?)
 

 私はロングビルミノーが大好きで、鬼怒川の釣りの7割がこれ。
 流れから飛び出ないし、流芯に留めることができるし、楽なのです。



 上流側からダウンクロス気味に流し、少しずつ下ります。
 
 そろそろちゃうか?

 という位置で、、、


 ゴゴンッ!
 
 と来たあと、ジーッと動かず。

 きた? ??

 竿はアワセと同時に満月。
 
 掛けた瞬間に流芯に貼り付いています。

 
 もうひと絞り! 竿を絞り込むと、、、

 グングン! グー!!

 動いた!

 デカいぞこれは!


 流れも早いので魚体に受けた水流も合わさりエライ引きに!
 下流にジリジリと流されます。
 いつもペロペロの竿を使っているので終始Rodは満月。


 慎重に取り込んだのは、、、

 120811_PIC004.jpg

 良型ヤマメ。

 「おおっ? 40届いたんちゃうか?」
 
 と期待したのですが、いくら甘めに測ってても(?)39cmでした。

 でも、満足!


 
 この後、チビ1匹を追加して終了。

 
 
 
 この日は早めに帰宅し、実家帰省のための準備とロングドライブに備え昼寝となりました。
 
 
 連休初日としては上々。


 
 こうして連休はスタートしたのでした。


 
 
 
 以上!




 ~ Round① 完 ~


  








鬼怒川 マズメ狙い

2012年08月05日









 ヒドク暑い! 雨降らない!


 連日の猛暑で参ってしまいますね。。。

 今週末は鬼怒川だ! と意気込んでいましたが、金曜日の会社帰りに川の様子を見てガックリ。

 
  水、少な!


 参ったな~ どうするか。。。

 と、怯んだのですが、川辺まで下りて水をみると、、、

 「クサッてはいない」

 おおっ? 青コケ、アカ腐りは無いな。


 少しの希望。


 朝・夕 短時間 マズメ時間だけならなんとかなりそうかな?

 と、気持ちを奮い立たせたのでした。





  
 ・


 ・

 
 ・





 【2012年08月04日(土)】AM4:00~AM8:30(←釣り時間)
  (この日、カメラ忘れたので携帯写真です。)




  
 夜は涼しいな~

 釣れる気がします。

 目指すは佐貫地区。

 朝一番を目指し、暗いうちにポイント着。

 
 120805_PIC001.jpg

 川辺で夜が明けるのを待ちます。

 今日は、本流餌釣り。

 
 実は、今シーズン エサ釣りでまだ釣っていないのです。

 ゴッゴッ! グリグリ!!

 を味わいたく、今週末は「本流餌縛り」です。


 

 
 夜が明けて、ポイントを見渡すと、、、


 浅い!


 んん~ん。 まあ、ええか。



 朝イチは流芯よりも開き。

 餌を求めて徘徊してるだろうヤマメを狙います。

 ガン玉を限界まで軽くし、エサのミミズを表層近くに流します。


 すると、、、

 ゴッゴッ! グリグリ!!

 これっすわ~

 120805_PIC002.jpg

 小さいけど、楽しい!

 餌のミミズがデカい(太虫)ので、アタリがあってからかなり送り込まないと掛かりません。

 しかし、その息詰まるやり取りが餌釣りの面白さ。 トローリングには無い楽しみです♪


 その後、広く長~いポイントを色々探ると、一つ見えてきました。

 「魚は開きに居る。」

 あれ? 6月頃の感じ?

 流れ込みの終わり3分、4分とか、”いかにも!”のポイントでは当たらず、

 のんびりと開いたところでアタリが続きます。

 
 こんだけ暑いけど、季節パターンは遅れてる?
 それとも、流芯は狙われ過ぎてスレてる?


 よくわかりませんが、その日は開きでのんびりが正解でした。
 (小さいですねどね!)

 120805_PIC003.jpg

 その後、同じようなサイズを何匹か釣り上げてポイントを移動しました。

 
 
  

 ・


 ・


 ・




 
 向かったのは、大渡橋上流部。

 狙うは開き(笑)

 タギッた釣り人が放水口のドバドバを狙っていますが、
 私は下流のチョロチョロで、、、

 120805_PIC004.jpg

 ”鬼ヤマメ対応 Daiwa 剛弓” + フロロ1.0号通し。

 あまりにも魚のサイズに合わないタックルで、魚がバンバン飛んできます(汗)

 グッとタメて、ポーン!

 鮎釣りの飛ばしのような取り込みでした。


 その後も同じサイズを何匹か釣って、数には満足。

 
 やはり、大きな魚が釣りたくなり、移動することに。







 ・


 ・


 ・






 向かったのは、佐貫の堰堤よりも下流。

 途中、ゴウゴウと水を飲みこむ佐貫の取水口を眺めながら、


 「水、無いんやろな、、、、」


 と、覚悟はしていましたが、、、


 120805_PIC005.jpg

 水、チョロチョロです(涙)。




 いや~ 昨年の大水で川の流れも変りましたね。。。
 全域に渡ってゴロゴロと石が乗っかったって感じ。

 120805_PIC006.jpg

 もうちょっとで部分的に伏流してしまうのでは!?
 という感じです。



 でも、この状況だから魚が着いている所が絞れると思い、
 トボトボと石の砂漠を彷徨いました。

 
 着いたポイントは、上流に大きなプールを持つポイント。

 昨年の大水でも、このプールで石・砂が落ちるので、下流部はあまり埋まっていないのでは?
 と、期待したのでした。

 「遡上で止まった大型がおるで。 ヒヒヒッ。」


 期待するも、、、


 浅っ!

 残念! 期待はハズレ。
 もう、鬼怒川全域 すっかり浅くなりましたね。。。



 しかし、気を取り直して真剣にチョロ流れを狙います。

 浅い、近い で魚に気配を感じ取られてしまうので、
 大きな麦ワラ帽子も脱ぎ捨てて、岩の影から、、、
 源流釣りの世界です。


 1投目。

 投げて直ぐに小型がチェイス。

 ムムッ。 魚は溜まってるぞ?


 
 少し、時間を空けて、、、


 
 2投目。


 流芯のから仕掛けが逸れた瞬間!


 ゴゴッ! グルングルン! バシャバシャ!


 デカッ!


と思った瞬間。 ポーン!


バラしてしまいました。。。

水面でバシャバシャしている時、竿を寝かせなかったのです。 アイタ~


40cmくらいあったのでは!?

腕が未熟でした。





その後、暑さで気力も落ちてしまい、その日は終了。


やはり、鬼怒川は近くてイイ。

帰ってからも色々と用事をこなすことができました。











 【2012年08月05日(日)】PM4:30~PM6:30(←釣り時間)

 
 「土曜なら朝、日曜なら夕方」

 なんとなくですが、いつものパターン。
家族がいると、夕飯の都合で夕マズメの釣りはなかなかできないので、
 一人独身状態の今がチャンス。


 日中は、汗まみれになりながら車の掃除&修理&花壇の草抜き。
 
 頭もボケーとしてきて、熱中症にならないかビビりながら限界まで体を酷使。

 グッチャグチャに汗をかきながら、、、
 「ああ~ はよ鬼怒川浸かりたいわ~」
 と、鬼怒川へのテンションを高めます(?)

 サウナの後の水風呂感覚で鬼怒川を楽しむ予定です。


 
 なので、このスタイル。

 120805_PIC007.jpg

 加えて、首には白タオル。頭には麦わら帽子。

 完全に小僧スタイルです。


 でも、釣りは真剣。


 鮎師が帰った後のポイントは意外に釣れます。

 120805_PIC008.jpg

 やはり、小さいな~。
 
 でも、テンポよく釣れて楽しめます。


 120805_PIC009.jpg


 
 ここで、ポイント移動。

 
 日中は攻められっぱなしの超有名ポイント。
 プレッシャーで硬直していても、日曜の夕方は緩む!(と信じてます)


 旨いタイミングで入れた様子。
 人が去ってから少し時間が経っているようで、ヤマメが時おりライズしています。

 極小ガン玉で表層を流すと、、、


 ゴゴッ!


 っしゃ!


 楽しめるサイズ!
 
 下に突っ込み、流芯に入り!

 やりとりを存分に楽しんで手にしたのは、

 120805_PIC010.jpg
 
 今日は満足なのです。 尺は切っていますが、内容としては十分満足いくものでした。



 この後、小型を1匹追加で納竿。

 
 餌釣りの夕方限界はわりと早いと思います。
 目印が見えなくなったタイミングで、基本終了。
 魚も本当に表水面を意識しているようで、暗くなるとエサには食いません。

 ルアーだったらまだまだこれからという感じの明るさですが、
 今日はもう十分。



 120805_PIC011.jpg

 
 お盆休みは実家に帰省するので、次回 鬼怒川に来るのは8月末。

 産卵を意識し始め食い渋る季節になってしまいますが、
 残りのシーズンも頑張ります!


 ああ~ シーズン終了後の「お疲れさんした~ 乾杯~い!」
 が今から楽しみ。

 ウマイお酒が飲めるよう、残りシーズンも全力で励みます。



 
 おつかれさまでした。


 以上!









 

 
プロフィール

まりも24

Author:まりも24
栃木県在住、30歳過ぎの2児のパパ。

海・川・湖、更にルアー釣り・餌釣り
ジャンルにこだわり無く
魚がいる所へはどこへでも!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。